読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ファッションデザイナーの仕事とは?

ファッションデザイナーはクリエイティブな世界で活躍する、華やかで魅力的な職業です。実際に働いている姿をメディアや雑誌で確認し、そのカッコ良さに憧れる若者も多いことでしょう。しかし、好きなことを仕事にするためには、仕事内容をしっかりと把握することが重要です。

そこで今回は、ファッションデザイナーの仕事内容や年収についてご紹介します。

ファッションデザイナーとは

ファッションデザイナーは簡単に言うと、服をデザインする職業のことです。使われる素材や色、全体のシルエットや機能性といった企画の立案だけではなく、縫い方などの構造まで担当することがファッションデザイナーの役割となります。

自分の構想がスケッチで表現できても、現物として仕上げられなければ商品にはなりません。ファッションデザイナーには独創的なアイデアと、そのアイデアを実現する方法の両方が求められます。

また、服だけではなく、カバンや靴、装飾品などを手がける方も見られます。さらに、ひとつの分野で活躍するファッションデザイナーもいれば、ファッションをトータルでプロデュースするようなファッションデザイナーも存在しています。さまざまな働き方があるため、自分の目指すファッションデザイナーの在り方を明確にすることが大切です。

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの具体的な仕事内容は、企業で働くのか、個人で経営するのかによって変わってきます。基本的には、まずターゲット(購買層)を決めて、流行やニーズなどの情報収集といったマーケティング・リサーチ業務を行います。

そこから、会議やミーティングを経て、いよいよデザイン構想が始まります。デザイン画を仕上げたら、縫い方や材料などを決めて具体的な作り方を練り上げていきます。この段階では、コストや納期なども考えることになるでしょう。

次に、制作指示書を作成し、商品のサンプルを完成させます。そのサンプルを参考に、見直しや修正を何度も繰り返して商品化へと進みます。基本的な流れは以上となりますが、企業によってはそれぞれの仕事を、専門性の高い人が担当する場合もあります。

ファッションデザイナーの年収

ファッションデザイナーの平均年収は、アパレルメーカーに勤める企業デザイナーの場合で400万円前後です。個人経営の場合は、センスの良し悪しで年収が大きく左右します。

初任給は300万円前後が平均とされており、着実にキャリアを積んでいけば、500万円ほどの年収を目指すことができるでしょう。

おわりに

アパレル業界は、基本的に自分のセンスで勝負をすることになります。デザインを生み出すセンスだけではなく、流行や情報に敏感に反応できるような、マーケティングのセンスも必要となるでしょう。

流行のファッションについては、今からでも勉強することができるため、毎日コツコツと最新の情報を勉強することが大切です。