読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーとして活躍されている方の多くは、専門学校・大学・短大の卒業生です。学校ではスキルや知識を学ぶだけではなく、有名なファッションデザイナーの方とつながりを持てたり、出会った友達と競い合うことで自分の力が開花したりと、さまざまなメリットを得られます。

ここでは、ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大についての情報や、学費などを紹介していきます。

ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大

ファッションデザイナーの専門的なスキルや知識を学べる学校には、いくつかの種類があります。美術系の大学や短大も主な選択肢となりますが、多くのファッションデザイナーは専門学校を卒業しています。

これは、専門学校では実践的な内容を多く学ぶことができ、企業側も即戦力というイメージを持っているためです。在学中の作品も就職活動に関わってくるため、後悔のないように勉強していきましょう。

また、学校によってカリキュラムが異なる点にも注意が必要です。ファッションにもさまざまなジャンルがあるため、学べる内容をしっかりと下調べした上で、進学先を決めるようにしましょう。

ファッションデザイナーの学費

専門学校の学費は、1年間で70万円から100万円程度の金額となります。ただし、授業料以外にも入学金や教材費、道具購入費などがかかるため、事前に各学校の学費を細かく確認しておきましょう。

美術系の大学・短大の学費は、1年間で50万円から150万円前後となります。国公立・私立によって学費には大きな違いが見られるため、家族など身近な人としっかりと相談をするようにしましょう。

また、デザイン画を仕上げる際にはパソコンを使う場合があるため、パソコンを持ってない人はパソコンの購入費を計算に入れておくことが望ましいです。

ファッションデザイナーの勉強

ファッションデザイナーの勉強の科目としては、「デザイン・色彩・裁縫・パターン」などがあります。これらの中でも、特にデザインの科目は内容が幅広く、パソコンの使い方やマーケティングなども学びます。

色彩については、色の組み合わせによるイメージ、意味合いなどを専門的に学んでいきます。また、裁縫とパターンでは、デザイン画を実際に商品にするための技術を学びます。ただ商品を完成させるだけではなく、コスト管理を含めて製作することが大切なポイントです。

おわりに

今回ご紹介したように、進学先選びではカリキュラムや学費など、さまざまな情報を事前に調べる必要があります。学校の雰囲気や通いやすさ、就職支援なども重要なポイントになってくるでしょう。パンフレットなどでしっかりと下調べを行い、細かく各学校を比較していきましょう。