読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歌手になるには?

ただ単に歌が上手なだけでは、歌手になることはできません。歌手になるための絶対的な道はありませんが、ほとんどの方は事務所やレコード会社と契約するために、日々努力を続けています。では、歌手を目指す方は具体的にどんな努力をしているのでしょうか。

ここでは、歌手を目指す方法などについて詳しくご紹介します。

歌手になるには

歌手を目指す場合には、芸能事務所やプロダクション、レコード会社などに所属する方法が一般的となります。高い評価を受けていれば、事務所などからスカウトされる可能性もありますが、多くの方はオーディションを受けることによって歌手への道を進んでいます。また、事務所などにデモテープを送るといったアピール方法もあるでしょう。

どのような道を選ぶにしても、高く評価されるには地道な努力が必要となります。ただ歌唱力を磨くだけではなく、聴いている方をより魅了するために、表現方法や表情に工夫を取り入れる必要があるでしょう。

歌手の一日

基本的に歌手の方は、基礎的なトレーニングを繰り返しながら毎日を過ごしています。コンサートが近い時期にはボイストレーニング以外に、ダンスなどのレッスンも受けることになります。バックバンドの方と一緒に練習することも、重要な仕事になってくるでしょう。

シンガーソングライターとして働く場合は、空いた時間を利用して作詞・作曲をする必要があります。人気歌手になると、コンサート以外にもテレビ・ラジオへの出演、インタビューなどの仕事が入るため、スケジュールは分刻みとなります。

また、歌手は夜型の方が多い傾向にあり、お昼から夕方まではトレーニングを行い、夜にスポンサーやスタッフへのあいさつ回りをするといったケースも多く見られます。

歌手の将来性

インターネットの普及によって、歌手が自分をアピールする場や活躍の場は増えてきています。中には、インターネット上に動画をアップし、それがデビューにつながったような方も見られます。インターネットに関しては、今後もそういったチャンスが増える可能性も考えられるでしょう。

また、人気歌手になることができれば、タレントや俳優としての道が広がることもあります。歌手の活動は多様化してきているため、どのような働き方がしたいのかについて、しっかりと考えておくことが大切です。

歌手の服装

歌手の服装には、特に決まりがありません。イベントやショー、テレビなどに出演する際には、基本的に現場で衣装が用意されています。

ただし、普段から「センスが良い」「存在感がある」と思われるような服装を心がけることが大切です。外見に気をつかっていれば、思いがけぬ仕事が舞い込んでくることもあるでしょう。

おわりに

歌手として働くには、地道な努力を続け、周りからの評価を着実に高める必要があります。地味なトレーニングであっても、根気良く続けていれば少しずつ評価は高まっていくでしょう。また、歌手は歌唱力だけでなく、表現力やセンスを磨くことも大切です。

広告を非表示にする