なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歌手に向いている人、適性

歌手には歌唱力だけでなく、そのほかにもさまざまな能力が求められます。求められる能力をあらかじめ把握しておけば、正しい方向性で努力をすることができるでしょう。

そこで今回は、歌手に向いている人や適性などについてご紹介します。

歌手に向いている人

さまざまな音楽に興味がある人は、歌手に向いていると言えます。ひとつのジャンルだけでなく、幅広いジャンルの音楽を普段から聴いていれば、さまざまな表現方法を身につけることができるでしょう。

また、精神力が強い人も、歌手には向いています。多くのオーディションを受け続け、さまざまなことにチャレンジするには、1度の失敗ではくじけない精神力が必要となります。失敗を経験しても、「良い経験を積むことができた」と割り切れる方は、着実にスキルを伸ばすことができるでしょう。

歌手の適性

コンサートやライブでは、より良いパフォーマンスにするためにステージ上を動き回る必要があります。また、リハーサルや打ち合わせなどを含めれば、1日のほとんどを会場で過ごすことになるでしょう。そのため、歌手には「体力」が求められます。

「筋力」も歌手にとっては重要なポイントです。声を支えるための腹筋が備わっていなければ、上手に歌い上げることが難しいためです。

歌手の楽しさ

音楽が好きな方であれば、自分の好きな歌を歌っているだけで、楽しさを感じることができます。もちろん、人気歌手として活躍することができれば、さらに大きなやりがいや楽しさを感じられるでしょう。

また、レコーディングが終わり、ひとつの作品が完成した時も、楽しさを感じられる瞬間です。ヒット曲に携わることができれば、自分の歌声が後世に残る可能性もあるでしょう。

歌手が使う道具

歌手には、特に必要になる道具はありません。マイクなどの機材や衣装に関しては、歌う会場側で用意されています。

ただし、歌手として活動している方の中には、自分専用のマイクを持っている方が多く見られます。また、ギターなどの楽器や、コンサートで使う衣装を持っている方も少なくありません。

歌手の求人、就職

数は多くありませんが、求人情報誌や求人サイトの中には、歌手の求人情報もいくつか見られます。ただし、雇用形態に関してはアルバイト・パートなどがほとんどです。

歌手を目指す場合には、求人情報誌や求人サイトではなく、雑誌などからオーディションの情報を収集し、申し込む方法が一般的となります。

歌手を目指す方へ

事務所やレコード会社などと契約しても、歌手として成功するのは簡単なことではありません。歌手として働き始めてからも、さまざまな努力を続けることが大切になります。歌手を目指している方は、その点を忘れずに地道な努力をコツコツと続けていきましょう。

また、作詞・作曲や編曲など、歌唱力以外の能力を備えていると、周りから評価されやすくなります。そのため、ボイストレーニングや歌のレッスン以外にも、さまざまなことに挑戦することが大切です。

おわりに

歌手は努力し続ける必要がある職業であり、成功することは簡単ではありません。しかし、だからこそファンが増えたりヒット曲が生まれたりした時には、大きな喜びを感じることができるでしょう。成功することをイメージしながら、コツコツと努力を続けることが大切です。

広告を非表示にする