読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事とは?

訪問介護員(ホームヘルパー)は要介護者(介護を必要としている人)の生活援助やケアなどを行っており、要介護者の日常生活を幅広くサポートしています。要介護者にとっては頼もしい存在であり、高齢社会をむかえている日本にとっては、必要性の高い職業とも言えるでしょう。では、そんな訪問介護員は具体的にどのような仕事をこなしているのでしょうか。

今回は、訪問介護員の仕事内容や年収についてご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)とは

訪問介護員とは、要介護者の自宅を訪問し、食事・排せつ・入浴などのサポートをして日常生活を支えている職業です。誰でもこのような仕事をこなせるわけではなく、国から要介護者と認められた人を仕事としてサポートするためには、介護保険法に基づく必要があります。したがって、法律で定められた研修を受けたり、資格を取得したりしない限りは、訪問介護員として働くことができません。

訪問介護員事業所などに所属して働きますが、その事業所も都道府県などの指定を受けていないとサービスを提供できない仕組みとなっています。このように、訪問介護員はさまざまなルールが決められている職業ですが、そういったルールによって介護サービスの質は保たれています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容

訪問介護員の仕事内容は、「生活援助・身体介護・通院等乗降介助」の3つに分けることができます。生活援助とは、家事の代行や買い出しなど、暮らしのサポートをする仕事です。要介護者にとって必要なサポートの内容を見極め、積極的に行動することが大切になります。

身体介護とは、食事・排せつ・入浴などの行為の際に、要介護者の身体を支える仕事です。身体の大きな要介護者の方もいるため、この仕事では筋力や体力が必要になってきます。

通院等乗降介助とは、福祉車両介護タクシーを利用する際に、身体を支えて乗降の手助けしたり、バス停まで付き添って歩いたりする仕事です。要介護者は転倒によって大けがをしてしまう恐れがあるため、乗降介助は重要な仕事のひとつになっています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の年収

訪問介護員の平均年収は、250万円から300万円前後です。勤務年数が長いほど年収は高くなり、介護施設に勤めた場合には、幹部などに昇格するチャンスもあります。昇格することができれば、さらに高い年収を期待することができるでしょう。

また、生活援助・身体介護のどちらの仕事を中心的にこなすのかによって、給料が変わる場合もあります。ちなみにパートの時給を比較すると、生活援助が1,300円から1,600円、身体介護が1,800円から2,500円と、身体介護の方が高い傾向にあります。

おわりに

今回は、訪問介護員の仕事内容や年収をご紹介しました。

ほかの職業と比べて平均年収が高いとは言えませんが、週休2日が守られていたり、そのほかの待遇が良かったりする施設も多く見られます。また、社会に貢献できる職業であるため、やりがいを感じられるタイミングも多いでしょう。