なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには?

訪問介護員(ホームヘルパー)は、要介護者の日常生活を幅広くサポートする、非常にやりがいのある職業です。高齢化が進む日本においては、社会からの注目度が高く、需要も年々高まってきています。

ここでは、そんな人々の役に立つ訪問介護員を目指す方法について具体的にご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには

訪問介護員として働くためには、「訪問介護員」の資格が必要となります。この資格は国家資格ではありませんが、厚生労働省から訪問介護員として認可されない限り、訪問介護員になることはできません。

多くの方は「介護職員初任者研修」という養成講座を受けた後に、訪問介護員として働くことになります。この研修は、公共職業安定所(ハローワーク)などの公的機関、もしくは民間企業のどちらでも受けることができます。受ける場所によって、研修の費用や実施期間が変わってくるため注意しておきましょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の一日

訪問介護員の一日のスケジュールは、「生活援助・身体介護」のどちらを中心的に行うのかによって異なります。ただし、基本的には訪問時間があらかじめ決められており、業務は要介護者とコミュニケーションをとることから始まります。

生活援助の場合には、軽くコミュニケーションをとった後に、食事を作ったり掃除を始めたりしますが、ほとんどの業務は利用者と相談をしながら進めていきます。ほかにも、薬の受け取り・洗濯・ベッドメイクなどを行い、1時間から2時間程度の作業をこなしたら、次の利用者の自宅へ向かいます。

身体介護の場合は、食事・排せつ・入浴などさまざまなサポートをする必要があるため、一日をかけてひとりの要介護者をサポートすることもあります。

訪問介護員(ホームヘルパー)の将来性

現在の日本では、介護業界の人材が全体的に不足していると言われています。その影響によって、国の政策で訪問介護員を増やす計画も出てきており、賃金が以前に比べると見直されてきています。

それに加え、資格も比較的取得しやすくなってきており、目指しやすい環境が整ってきています。日本においては、今後もさらなる高齢化が進むとされているため、それにともなって訪問介護員の需要も高まってくるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の服装

就職先によっては制服の貸し出しがされていますが、基本的には地味で動きやすい服装を自分で用意することになるでしょう。水回りの仕事も多いため、エプロンが必要になることもあります。

また、訪問介護員は人と深く接する職業であるため、清潔感のある服装を意識することも大切です。

おわりに

訪問介護員は、要介護者や家族との「信頼」が重要になる職業です。信頼関係を築くには、淡々と業務をこなすだけでなく、思いやりをもって仕事にあたる必要があります。また、要介護者や家族の方に不快感を与えないように、日頃の服装にも注意する必要があるでしょう。