読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の専門学校・大学・短大

訪問介護員(ホームヘルパー)として活躍するためには、さまざまな知識とスキルが必要になります。資格を取る勉強だけではなく、福祉業界全般の知識を身につけることで、広い視野を持つことができるでしょう。独学でもそういった知識を身につけることは可能ですが、学校を上手く活用すれば、訪問介護員への近道となります。

ここでは、訪問介護員の学校選びについて、詳しくご紹介いたします。

訪問介護員(ホームヘルパー)の専門学校・大学・短大

訪問介護員になるために、必ず通わなければならない学校はありません。しかし、役に立つ知識を学べる学校は、全国に多く存在しています。

学校選びでは、主に「社会福祉学科」のある専門学校・大学・短大を選ぶと良いでしょう。これらの学校では、専門的な知識の勉強だけではなく、就職に有利になる資格の勉強もすることができます。

また、学校で出会った友人も、大きな存在となります。同じ学校の友人であれば、勉強や業界の悩みを

理解してくれるため、お互いに励まし合いながら立派な訪問介護員を目指しましょう。

専門的なコースが備わっている学校を選べば、在学中に実習を経験することができます。就職支援などを行っている学校も見られるため、事前にパンフレットなどでしっかりと情報収集しておきましょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の学費

大学・短大の学費に関しては、年間で80万 円から100万円ほど必要になる学校が多くなっています。国公立・私立によって学費には大きな違いが見られ、学費の高い学校では年間に150万円必要になることもあります。

専門学校に関しても、年間の学費に大きな違いは見られません。

訪問介護員(ホームヘルパー)の勉強

学校では同級生などと協力し、人体の構造を学ぶための実習を中心的に行います。老化や、それにともなう病気についての臨床学・精神心理学・保険制度についての知識も学んでおくと、将来的に役に立つでしょう。

時代によって勉強しなければならないことが増える点も、訪問介護員の特徴です。特に、老化や障害に関する分野は、科目が増えている傾向にあります。

また、人と深く接する職業であるため、日々の生活からコミュニケーション能力を高める意識を持っておくと、訪問介護員として働く上で役に立つでしょう。

おわりに

学校選びで重要になるのは、誰かに決めてもらうのではなく、自分の環境に合わせて自分で決めることです。気になる学校が見つかったら、パンフレットなどを取り寄せて細かい情報を確認するようにしましょう。事業所で実際に働いている方々に、現場の意見を聞いてみるのもおすすめです。