なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

消防官の仕事とは?

消防官は、市民を守るヒーローのようでかっこいいため、子どもからも人気の職業です。火災現場で活躍する姿や、学校での防災訓練などで見るきびきびとした動きに憧れて、消防官を目指す人も多いことでしょう。

今回は、そんな憧れの職業「消防官」について、分かりやすくご説明します。

 

消防官とは

消防官とは、地域の消防署に所属し、さまざまな角度から市民の安全を守る大切な仕事をしている職業です。消火活動をイメージする人も多いですが、ほかにも消防官はさまざまな仕事をこなしています。

消防官の仕事は、主に「消火・救急・救助・予防業務」といった、4つの業務に分けられます。ある時は火災現場で消火活動をし、またある時は救急車に乗ってケガや病気の人を病院まで運ぶなど、さまざまな面での任務が期待されます。大変な仕事もありますが、とてもやりがいのある職業です。

 

消防官の仕事内容

上記でご紹介した「消火」は、その名の通り火を消す活動のことです。通報を受けた場合には、消防官は素早く火災現場に向かい、消火のための活動を行います。それと同時に人命救助をしたり、近隣住民の避難を誘導したりします。出火元の立地や天候、風向きを読み火災の広がりを防ぐこと、消火活動がしやすいように障害物を寄せることなども、消火活動に含まれます。

「救急」は、事故によるケガ人などに応急処置をし、救急車で安全に病院まで運ぶ活動です。基本的に、運転手・隊員・救急救命士の3人がひとつのチームになって出動します。

「救助」は、交通事故・土砂災害・水難事故などのあらゆる災害現場から、人命を助ける活動です。救助活動には多くの人が関わるため、連絡・連携を取りながら速やかに行います。

「予防業務」では、火災を未然に防ぎ、もし起こったとしても被害を最小限にとどめるため、市民の啓もう活動を行います。そして、建物や施設の防火設備をチェックしたり、危険物を取り扱うためのルールを指導したりすることも、予防業務に含まれます。

消防官の活動は連携作業が多いため、普段から統制の取れた動きを訓練して、もしもの時に備えています。

 

消防官の年収

消防官は公務員の一種ですが、ほかの公務員より危険な業務にあたる機会が多いため、給料もその分多く、さまざまな手当が用意されています。平均年収は700万円とされており、手当がついたり昇進したりすると、さらに高い年収を期待できます。

初任給に関しては、高卒・短大卒・大卒で違いがあります。例えば、高卒者と大卒者を比べると、大卒者の方が5万円ほど高くなっています。

 

おわりに

消防官の仕事内容は幅広く、地域住民の安全を守るには、どの仕事も重要になってきます。消防官を目指している人は、今回ご紹介した仕事内容をしっかりと理解し、どのような能力が必要になるのか見極めておきましょう。

広告を非表示にする