読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

消防官に向いている人、適性

消防官は消火活動や人命救助など、特殊な仕事をこなす職業であるため、どのような人にも向いているわけではありません。消防官の適性を理解しておけば、自分の欠点を補う努力を続けることによって、魅力的な消防官になれる可能性が高まるでしょう。

そこで今回は、消防官に向いている人や適性についてご紹介します。

 

消防官に向いている人

消防官は、事故や災害の時など「非日常」の場面で活躍することが多い職業です。そのような場面で、緊張せずに自分の力を発揮できる人は、消防官に向いていると言えます。

また、現場では仲間の消防官や関係機関、被災者などとの協力・連携がとても重要です。そういった意味から、コミュニケーション能力が高い人も、消防官には向いているでしょう。

 

消防官の適性

消防官は「地域住民の安全を守りたい」「ケガ人の命を守りたい」といったように、強い責任感がなければ務まらない職業です。自分のためではなく、常に周りのことを考えて行動できる人は、消防官として評価されやすいでしょう。

また、事故や災害の現場では、多くの人が冷静さを失っています。そのような人を安心させて、正しい行動に導いてあげるには、冷静な判断力が必要になります。ほかにも、チームで動くための協調性や、地道なトレーニングを続けられる堅実性など、消防官にはさまざまな能力が求められます。

 

消防官の楽しさ

消防官の楽しさ・やりがいは、やはり仕事が「人のためになる」という点です。人命救助という命の重みを背負って働く消防官は、楽しいことばかりではなく、時には辛いこともたくさん経験します。それでも頑張り続けることができるのは、助けた人々の笑顔を見られるためです。

もちろん、地域住民から直接感謝の気持ちを伝えられることもあるでしょう。消防官は、地域や社会に貢献していることを実感しやすい、素晴らしい職業です。

 

消防官が使う道具

消防官はホースやはしご、ロープなど、消防車に備わっている機器や道具を使いこなす必要があります。もちろん、消防車自体を運転する技術も必要になってくるでしょう。

また、現場で応急処置にあたる消防官は、救命セットを使ってケガ人の手当てをします。

 

消防士の求人、就職

消防官採用試験の内容は、決して簡単なものではありません。毎年多くの人が受験しているため、合格の可能性を高めるには、できるだけ早い時期から行動を始めることが大切になります。各自治体の試験の傾向をつかみ、しっかりと試験対策を進めておきましょう。

また、消防官は給料が安定している上に、楽しさややりがいを感じやすい職業です。実際の現場で人の命を救えた時には、「消防官になって良かった」と感じることができるでしょう。

 

おわりに

消防官は、自分本位では務まらない職業です。「誰かの役に立ちたい」「誰かを守りたい」という気持ちが強い人ほど、普段からコツコツと努力を続けることができます。ただ単に試験に向けて勉強をするのではなく、勉強や訓練のモチベーションを維持するために、実際に消防官として自分が働くことをイメージしてみると良いでしょう。

広告を非表示にする