読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

警察官に向いている人、適性

警察官には採用試験に合格する知識だけでなく、さまざまな能力が求められます。そのため、自分が警察官に向いているのかどうか、不安に感じている方も多いことでしょう。

そこで今回は、警察官に向いている人や適性についてご紹介します。

 

警察官に向いている人

警察官は治安を守る職業であるため、「正義感のある人」が向いています。正義感を持っていれば、善良な人々に対して優しく接し、積極的に悪人を取り締まることができるでしょう。

また、警察官は基本的にチームで動くため、「協調性がある人」も向いていると言えます。チーム全体が動きやすくなるように配慮できれば、自然と周りからの評価も高まるでしょう。

 

警察官の適性

警察官の仕事では、「体力・精神力」が必要になります。災害などの緊急時には、自ら体を張って人々を守ったり、長時間の捜索をしたりすることもあるためです。体力や精神力については、警察学校で身につけることができるため、現時点で自信がなかったとしても、心配しすぎる必要はありません。

また、チームとして動く時、一般市民の助けになる時などは、「コミュニケーション能力」も必要になってくるでしょう。スムーズに会話をすることはもちろん、相手の悩みや不安を汲み取って、積極的に行動を起こすことが大切になります。

 

警察官の楽しさ

多くの警察官は、一般市民の悩みや不安を解決できた時に楽しさを感じています。交番の警察官であれば、一般市民の方々から直接「ありがとう」と感謝されることも少なくありません。

一般市民と直接関わりがない警察官も、常に「人々の役に立っている」と実感できる仕事をこなすため、楽しさややりがいを感じやすいでしょう。

 

警察官が使う道具

基本的に警察官は、「階級章・識別章・警察手帳」といった、身分を示すためのものを持ち歩いています。これらのものは、一般市民に安心感を与える役割もあるため、警察官にとって欠かすことはできません。

また、「拳銃・警棒・警笛・手錠」といった、事件の犯人を取り押さえるための道具も持っています。さまざまな道具を持ち歩くため、各道具の使い方や扱い方については、しっかりと理解しておく必要があります。

 

警察官の求人、就職

警察官に関しては、求人情報誌や求人サイトなどに求人情報が掲載されているわけではありません。警察庁や都道府県警察などが、毎年募集情報を公開しているため、警察官を目指す方はしっかりとチェックしておきましょう。

採用人数については、年度によって若干異なる可能性があります。また、受験資格なども細かく記載されているため、こちらも合わせて確認しておくことが大切です。

 

警察官を目指す方へ

体力や精神力、コミュニケーション能力など、警察官にはさまざまな能力が求められます。しかし、どんなに適性があったとしても、第1次試験の筆記試験に合格しなければなりません。体力や精神力については、後に警察学校で身につけることもできるため、まずは筆記試験対策に取り組みましょう。

 

おわりに

現時点で警察官に向いていなかったとしても、これからの努力次第では、警察官になれる可能性は十分にあります。学校選びや今後のスケジュールにこだわり、採用試験に合格する可能性をできるだけ高めていきましょう。そのためには、早い段階から行動を始めることが大切です。

広告を非表示にする