読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

国家公務員の専門学校・大学・短大

国家公務員

抜群の安定性を誇り、国のために働ける国家公務員は根強い人気がある職業です。そんな国家公務員を目指す場合は、専門学校・大学・短大へ進学するルートが一般的となります。では、国家公務員になるための学校には、どのような学校があるでしょうか。

ここでは、国家公務員になるための学校や学費、勉強内容についてご紹介します。

 

国家公務員の専門学校・大学・短大

国家公務員を目指すための専門学校・大学・短大は、全国に多く存在しています。国家公務員を目指すコースが備わっている学校は特に私立大学に多く、次いで専門学校となっています。

私立大学を進学先として選ぶ場合には、法律や現代政治などの学部が主な選択肢となるでしょう。専門学校では、ビジネス系や外国語系の学校が主な選択肢となり、公務員学科を備えているところも多く見られます。国公立大学も数は少ないですが、公務員を目指す専門の学部を設けているところがあります。

 

国家公務員の学費

国家公務員になるための学費は、大学・短大と専門学校でそれぞれ違います。国公立の大学・短大であれば、1年間で40万円から100万円ほどの学費となりますが、私立の学校では安いところで1年間に60万円ほど、高いところになると170万円近い学費がかかることもあります。

専門学校に関しては、安いところで1年間に42万円、高いところになると130万円ほどの学費が必要です。

また、教育ローンや奨学金制度を紹介してくれるような学校も少なくありません。学費の高い学校に通いたい場合や経済面で進学が厳しい場合には、こうした制度を利用することも考えてみましょう。

 

国家公務員の勉強

国家公務員の学校では、主に国家公務員採用試験に合格するための勉強を行います。基本的には文章の理解力や地理、生物といった基本的な知識を深めながら、国家公務員の研究をしたり、演習や実習を行ったりしていきます。

採用試験の中でも特徴的な分野が、「判断推理・数的処理」といった推理の分野です。判断推理では「こういう状態の場合に、こうしたらどうなるか」という問題が出題され、数的処理では判断推理に数字をプラスしたような問題が出題されます。これらの分野は毎回の試験で出題されるため、しっかりと対策をしておくことが大切です。

また、学校では必須の知識となる政治や経済の授業、面接のトレーニングなども受けることになります。

 

おわりに

国家公務員になるには、公務員学科のある専門学校・大学・短大へ進学する方法が近道となります。深い知識が必要となる職業ですが、学校で着実に知識を深めていけば、採用される可能性はぐっと高まるでしょう。