読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

国家公務員に向いている人、適性

国家公務員は、国民のためにさまざまな仕事をこなすため、多くの知識やスキルが求められる職業です。では、具体的にどのような人が向いており、どのような適性が必要になるのでしょうか。

ここでは、国家公務員の適性や楽しさなどについてご紹介します。

 

国家公務員に向いている人

国家公務員に向いている人は、人のために何かをしたいという気持ちが強い人です。国民の生活をより良くするために働く職業であるため、自分の住む国を愛し、「この国の誰かのために」という気持ちを持っている人が向いているでしょう。

また、国家公務員の仕事は事務作業も多いため、コツコツと堅実に仕事ができる人も必要とされます。さらに、真面目で正義感が強く、決められたルールをきちんと守れることも国家公務員に必要な資質です。

 

国家公務員の適性

国家公務員の適性としては、まずコミュニケーション能力が高いことが挙げられます。行政の仕事をするにあたっては、国民が今何を求めているのかを知ることはもちろん、国が何かをするときに国民に説明をしなければなりません。そのため、相手の言いたいことを聞き取り、きちんと説明ができるコミュニケーション能力は必ず必要になります。

また、災害が起こったときや議会の前などには、遅くまで仕事をすることもあります。こうしたことに耐えられる気力や体力も必要になるでしょう。

 

国家公務員の楽しさ

国家公務員の楽しさは、スケールの大きな仕事ができることです。自分たちの行っていることが、国の将来や国民の生活に大きく関わってきます。

自分の仕事が国の未来につながることは、国家公務員ならではの楽しさです。責任は重大ですが、とてもやりがいのある職業でしょう。

 

国家公務員の求人、就職

国家公務員は基本的に、年に1回行われる国家公務員採用試験に合格し、面接試験にも合格しなければなることはできません。そのため、求人情報誌や求人サイトには、情報が掲載されることはないでしょう。

ただし、契約職員や臨時職員などを採用している場合もあります。こうした求人では、筆記試験があるケースもあれば、面接試験のみのケースも見られます。

 

国家公務員を目指す方へ

国民が生活をしていく上で、災害や経済などへの不安は常につきまといます。それらを解決し、国民が安全で安心に暮らせるように努める国家公務員は、今後もますます必要とされるでしょう。国の未来を担う存在として、非常にやりがいのある職業です。

 

おわりに

国家公務員は何よりも、「人のために働く」という気持ちが大切になります。その気持ちがあれば、厳しい勉強や試験も乗り越えていけるでしょう。現段階で向いていなかったとしても、これからの努力次第で夢を実現できる可能性は十分にあるため、諦める必要はありません。