なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ツアープランナーになるには?

「ツアープランナーとして働きたい」と感じていても、目指す具体的な方法を知らないといった方も多いのではないでしょうか。人によって進む道筋は異なりますが、どのような道が主流なのかを知っておけば、将来設計をしやすくなるでしょう。

そこで今回は、ツアープランナーになる具体的な方法についてご紹介します。

ツアープランナーになるには

最初から旅行会社などに就職し、ツアープランナーとして働き始める方は多くありません。ツアープランナーには旅行に関する知識だけでなく、プレゼンテーション能力などさまざまな能力が求められるためです。

具体的には、旅行会社などで一般的な業務をこなしたり、ツアーコンダクターとして経験を積んだりしてから、ツアープランナーを目指すケースが多くなっています。旅行業務に関する資格を取得してから、ツアープランナーを目指す方法も主流です。

また、ほとんどの方は専門学校・大学・短大に通い、専門的な知識を学んでから就職活動を行っています。

ツアープランナーの一日

ツアープランナーはお客様がいない時にも、情報収集やプランの販売(宣伝)などの仕事をこなす必要があります。そのため、基本的にはお客様への対応をしながら一日を過ごしますが、必要に応じて情報収集や事務仕事などもこなしています。

出勤時間は就職先によって異なりますが、午前8時から9時が一般的です。終業時間は17時から18時のケースが多いですが、仕事量が多い日には残業をすることもあります。

ツアープランナーの将来性

さまざまな娯楽が充実している現代では、旅行の楽しみ方も多様化してきました。単なる観光だけでなく、スポーツや食事、イベントへの参加など、今後もさまざまな楽しみ方を求めるお客様が増えると予想されています。そのため、お客様のニーズに応えられるように、ツアープランナーには幅広い知識が求められるでしょう。

また、海外から日本旅行に訪れる旅行者も多く見られ、ツアープランナーはそのようなお客様に対しても、安全で楽しい旅行を提供する必要があります。そのため、英語や中国語など、語学が得意なツアープランナーは多方面から求められるでしょう。

ツアープランナーの服装

お客様に対応するツアープランナーは、基本的にスーツを着用しています。就職先によっては、服装がある程度自由なところも存在していますが、どのような就職先を選んでも常にお客様に見られる可能性があります。そのため、派手すぎない服装、清潔感のある服装を選ぶ必要があるでしょう。

おわりに

ツアープランナーの目指し方は人それぞれですが、基本的な知識やスキルから学びたい方は、専門学校・大学・短大に通うことから考えてみましょう。必ず学歴が求められる職業ではありませんが、学校で「基礎から学んだ」という事実が、就職面で武器になる可能性があります。