読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

スポーツインストラクターの専門学校・大学・短大

スポーツインストラクターを目指している方の多くは、専門学校・大学・短大へ進学しています。しかし、中には「具体的にどんな学校を選べば良いか分からない…」と悩んでいる方もいることでしょう。

そこで今回は、スポーツインストラクターを目指せる学校や、学費についてご紹介します。

スポーツインストラクターの専門学校・大学・短大

専門学校の中には、「スポーツインストラクター科」のような、スポーツインストラクターを専門的に育成する学校がいくつか見られます。専門学校ではほかにも、「パーソナルトレーナー科」「アスレティックトレーナー科」など、さまざまな名称の学科が見られるため、その点に注意しながら進学先を選びましょう。

大学・短大を進学先として選ぶ場合は、「体育科」「スポーツ科」などがある学校が、主な選択肢となります。

スポーツインストラクターの学費

スポーツインストラクターの専門学校では、1年間に100万円前後の学費がかかります。特に入学初年度は、5万円から10万円前後の入学金や、教材費なども必要になるため、授業料以外の費用もチェックしておきましょう。

大学・短大については、初年度納入金が120万円前後、2年目以降は1年間に80万円前後の学費がかかります。1年間の学費だけでなく通学年数も意識し、家族などと話し合いながら進学先を決めるようにしましょう。

スポーツインストラクターの勉強

スポーツインストラクターの専門学校では、スポーツの基礎理論や指導法など、基礎的な知識から学ぶことができます。また、基礎を身につけた後には、フィットネスクラブやジムなどで実践的な訓練をし、実用的な知識やスキルを学んでいきます。

大学・短大では、スポーツインストラクターに求められる専門的な知識に加え、一般教養も学ぶことができます。スポーツインストラクターだけでなく、体育の教員などほかの職業への道も広がりやすい点が、大学・短大のメリットです。

どちらの学校を選ぶにしても、学校によってカリキュラムや就職面でのサポート、雰囲気などが異なるため、事前にパンフレットなどで情報収集しておくことが大切です。また、一流のスポーツインストラクターを目指すなら、学校で勉強するだけでなく、私生活でも運動をしたり健康に気を付けたりすることが必要になるでしょう。

おわりに

特に学歴がなくても、スポーツインストラクターとして働くことはできます。しかし、専門的な学校で学んだという事実は自信につながりますし、就職活動でも大きなアピールにつながります。ただし、学校によって学べる内容、身につけられるスキルは少し異なるため、慎重に進学先を選ぶようにしましょう。