なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

スポーツインストラクターに向いている人、適性

スポーツインストラクターには、スポーツや健康に関する専門知識のほか、コミュニケーション能力などさまざまなスキルが求められます。一流のスポーツインストラクターを目指すなら、現在の自分を細かく分析し、不足している能力を身につけることが大切です。

そこで今回は、スポーツインストラクターに向いている人や適性についてご紹介します。

スポーツインストラクターに向いている人

スポーツインストラクターは、お客様に指導やアドバイスをするだけでなく、時には自分も運動をする必要があります。そのため、「運動が得意な人」は、スポーツインストラクターに向いていると言えるでしょう。

「明るい人」や「話すことが上手な人」も、お客様に良いイメージを与えられるため、スポーツインストラクターに向いています。お客様からの評価が、そのまま人材としての評価につながるため、お客様のことを第一に考えることが大切です。

スポーツインストラクターの適性

「コミュニケーション能力」は、スポーツインストラクターにとって必須の能力と言えます。お客様を楽しませることはもちろん、トレーニング方法を分かりやすく説明したり、お客様と相談した上でプログラムを作ったりする必要があるためです。

また、「ケガや安全性に関する知識」も、スポーツインストラクターには必要です。お客様により安心してスポーツを楽しんでもらうには、「広い視野」も重要になるでしょう。

スポーツインストラクターの楽しさ

スポーツインストラクターが楽しさを感じられる瞬間は、お客様から感謝された時や、自分のプログラムによって成果が見られた時などです。笑顔でスポーツを楽しんでいるお客様を見れば、やりがいを感じながら仕事をこなすことができるでしょう。

ほかにも、好きなスポーツの担当者になった時、お客様からスポーツマンとして尊敬された時など、スポーツインストラクターはさまざまな場面で楽しさを感じられる職業です。

スポーツインストラクターが使う道具

お客様が運動中にケガをしてしまうこともあるため、多くのスポーツインストラクターは応急処置グッズを常備しています。コールドパックや包帯など、基本的なグッズはそろえておくことが望ましいでしょう。

スポーツインストラクターの求人、就職

スポーツインストラクターの求人情報を見てみると、学歴や経験が特に問われない求人が多く見られます。ただし、高待遇の就職先を狙う場合には、学歴や特定の資格が必要になることもあります。

雇用形態はさまざまであり、正社員や契約社員だけでなく、アルバイト・パートの求人も少なくありません。また、女性の求人情報が比較的多い点も、スポーツインストラクターの特徴です。

スポーツインストラクターを目指す方へ

スポーツインストラクターは、常にお客様から見られる職業です。そのため、知識やスキルが完璧であっても、コミュニケーション能力がなかったり、清潔感のある身なりをしていなかったりすると、評価されにくくなってしまいます。

周りから評価されるようなスポーツインストラクターになりたい方は、第一印象でお客様に良いイメージを与えられるように、自分を日々磨いていきましょう。

おわりに

今回ご紹介した適性などを見て、自分の欠点に気付いた方は、これからその欠点を補う努力を始めてみましょう。現段階でスポーツインストラクターに向いていなくても、これからの努力次第では、一流のスポーツインストラクターになることもできます。