読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

管理栄養士の仕事とは?

管理栄養士

人間が健康に生きていく上で、毎日の栄養バランスにこだわることは欠かせません。栄養バランスが整っていないと、風邪をひきやすくなってしまったり、体力が低下してしまったりするためです。そのような、食の分野を専門的に扱う職業として、「管理栄養士」と呼ばれている職業が存在しています。

今回は、この管理栄養士の仕事内容や年収について、詳しくご紹介しましょう。

管理栄養士とは

管理栄養士は、栄養や健康、食品に関するスペシャリストです。名称や仕事内容が似ているため、「栄養士」と混同される方も見られますが、管理栄養士と栄養士は厳密に言うと異なります。

ひとつは、具体的な仕事の内容です。栄養士と比べると、管理栄養士の仕事内容は幅広く、傷病者の食事管理や栄養指導なども行っています。

また、「1回300食以上、1日750食以上」を提供する給食施設(学校など)については、必ず管理栄養士を置く必要があります。それに加えて、病院など特別な栄養管理が求められる施設においても、1人以上の管理栄養士が必要とされています。

管理栄養士の仕事内容

管理栄養士の仕事内容は、高齢者や子ども、アスリートなどさまざまな人に対して、栄養指導を行うことです。大人と子ども、個人の生活習慣などによって栄養の必要摂取量は異なるため、それぞれの人に合った食事となるように、献立の作成や調理なども行います。

また、病院や学校など大規模な施設で働く場合には、発注や配膳なども重要な仕事となります。食中毒などが発生しないように、調理場の衛生を管理することも、職場によっては仕事に含まれてくるでしょう。

食品メーカーで働いている管理栄養士の方は、食品やメニューの開発といった仕事もこなしています。このように、管理栄養士は就職先によって、仕事内容が大きく変わってくるのです。

管理栄養士の年収

管理栄養士の平均年収は、300万円から400万円とされています。月収にすると18万円〜23万円となりますが、中にはスキルを身につけて独立し、平均年収を大きく上回る収入を得ている方も見られます。

また、アルバイト・パートとして働いている管理栄養士もいますが、時給の相場は1,000円から1,500円とされています。

おわりに

今回は、管理栄養士の仕事内容などについてご紹介しました。

管理栄養士は、栄養指導や献立の作成などを行い、さまざまな人の健康を日々支えています。少子高齢社会を迎える日本では、今後さらに需要が高まる可能性があります。

そのような状況で管理栄養士として働けば、社会に貢献していることを強く実感できるでしょう。

広告を非表示にする