読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

管理栄養士に向いている人、適性

管理栄養士は、栄養や食品に関する知識を活かし、人の健康を支える職業です。そのため、幅広い知識やスキルが求められますが、中には「自分は管理栄養士に向いていないかもしれない…」と不安に感じている方もいることでしょう。

そこで今回は、管理栄養士に向いている人や、適正についてご紹介します。

管理栄養士に向いている人

「他人のことを考えられる人」は、管理栄養士に向いていると言えます。管理栄養士は年齢や性別、健康状態などから、その人に合った献立を考える必要があります。他人のことを考えられる人であれば、しっかりと健康状態などを把握し、それぞれの人にぴったりな献立を提供することができるでしょう。

また、患者さんなどから信頼されるためには、自分も健康である必要があります。日々の生活習慣に注意し、体調をしっかりと自己管理できる「健康的な人」も、管理栄養士に向いています。

管理栄養士の適性

管理栄養士には、何よりも「栄養や食品に関する知識」が求められます。国家試験でも栄養学の問題が出題されますが、国家試験の内容だけでなく、幅広い知識を身につける必要があるでしょう。

また、就職先によっては調理をこなすこともあるため、「調理のスキル」も重要になります。

管理栄養士の楽しさ

患者さんなど、献立や食事を提供した人に喜ばれた時に、管理栄養士は楽しさを感じることができるでしょう。さまざまな人の健康をサポートする職業であるため、社会に貢献できていることを強く実感できる点も、管理栄養士の魅力です。

ほかにも、食事の大切さや楽しさを伝えられた時、栄養指導によって患者さんが健康になった時などは、大きなやりがいを感じられます。

管理栄養士が使う道具

管理栄養士は、栄養の理想的な摂取量を実現するために、食品を細かく計量しています。そのため、「計量スプーン」や「計量器」などは、必須の道具と言えるでしょう。

ほかにも、包丁やまな板といった一般的なキッチン用品は、多くの管理栄養士の方が使用しています。これらの道具は、基本的には職場で用意されているケースが多くなっていますが、自前で便利なキッチン用品を用意している方も見られます。

管理栄養士の求人、就職

管理栄養士はさまざまな施設で求められているため、求人情報が充実しています。正社員や契約社員、アルバイトなど雇用形態も豊富であり、人口が多いエリアだけでなく、郊外のエリアでも求人情報は多いです。

アルバイト・パートでは、時給が2,000円を超えるような求人情報も珍しくありませんが、高待遇の職場では実務経験やより専門的なスキルが問われます。

管理栄養士を目指す方へ

国家試験に合格することも大切ですが、管理栄養士は人の健康に関わる職業であるため、積極的にさまざまな知識・スキルを身につける必要があります。これは簡単なことではありませんが、管理栄養士として身につけた知識・スキルは、自分や家族にも活かせます。

そのため、学校で勉強するだけでなく、自宅で調理するなどさまざまな機会を勉強につなげていきましょう。

おわりに

管理栄養士に求められる知識・スキルは、これからの努力次第で十分に身につけることができます。自分に足りていない知識・スキルを見極めて、これから何を学んでいくべきなのか、どのように学ぶべきなのかについて考えてみましょう。