なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

アスレティックトレーナーの仕事とは?

サッカーやテニス、野球など、世界的なスポーツの試合で日本人が活躍することも多くなりました。そんな中で注目されているのが、選手をサポートするアスレティックトレーナーという職業です。日本ではまだあまり馴染みのない職業ですが、アスレティックトレーナーはどのような仕事をこなすのでしょうか?

ここでは、アスレティックトレーナーの仕事内容や年収についてご紹介します。

アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナーとは、スポーツ選手の健康管理や、ケガをしたときに応急処置をする職業です。アメリカなどの海外では、学校やスポーツクラブにもアスレティックトレーナーが存在しており、スポーツマンをサポートしています。アスレティックトレーナーは、「スポーツトレーナー」や「メディカル担当」と呼ばれることもあります。

日本でも徐々に知られるようになってきており、プロチームが専属のアスレティックトレーナーを抱えているほか、高齢者の健康づくりでもアスレティックトレーナーが活躍しています。

アスレティックトレーナーの仕事内容

アスレティックトレーナーの仕事内容は、主に選手の健康管理です。選手が最高のコンディションを保てるようにアドバイスをしたり、スケジュールを組んだりして、試合に最高の状態で臨めるようサポートします。

基礎体力やパフォーマンスの向上、ケガの予防など、選手が試合を勝ち抜いていく上で必要なことはたくさんあります。これを全面的にサポートするのが、アスレティックトレーナーの大切な仕事です。

試合中に選手がケガをした場合は、ケガの処置を行い、監督やコーチに試合の続行が可能かどうかを伝えます。また、治療を担当した医師とよく相談し、選手が試合に復帰するためのサポートも行います。

アスレティックトレーナーの年収

アスレティックトレーナーの年収は、所属する場所によって変わってきます。一般的なスポーツジムや整体院の場合、年収はおよそ200万円から600万円で、勤務する施設によって大きな差があります。

プロのスポーツチームやスポンサーのいるような選手と契約すると、年収は1,000万円になることもあります。チームの成績や選手からの評判が年収に大きく関わってきますが、自分の知識や技術によってはより良い条件で契約を結べることもあり、努力によって年収アップも期待できます。

おわりに

アスレティックトレーナーはいわゆる裏方の存在ですが、スポーツ選手の活躍を陰から支えられる重要な職業です。1度アスレティックトレーナーとして高く評価されれば、多方面から需要のある人材になることができるでしょう。