読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ツアーコンダクターの仕事とは?

パックツアーなどの団体旅行に出かけたとき、旅行のスケジュール管理を行ってくれる職業が「ツアーコンダクター」です。ツアーコンダクターがいることによって、スムーズに旅行を楽しむことができます。では、具体的にツアーコンダクターは、どのような仕事をこなしているのでしょうか?

ここでは、ツアーコンダクターの仕事内容などについてご紹介します。

ツアーコンダクターとは

ツアーコンダクターとは、団体旅行などに同行して、旅行のスケジュールを管理する職業のことです。旅行者と一緒にバスなどの交通機関に乗ることを「添乗」と言うため、「添乗員」と呼ばれることもあります。

ツアーコンダクターには、旅行会社に所属している人と、ツアーコンダクターを派遣する派遣会社に所属している人が存在しています。大手旅行会社では、主に添乗のみを行う部門に所属しますが、代理店では添乗業務のほかに、ホテルや飲食店などの旅行の手配を行うこともあります。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事は、団体旅行に同行してスムーズに旅行を楽しめるように配慮することです。旅行全体のスケジュール管理はもちろん、現地での注意事項の説明や目的地の案内といった業務もこなします。

旅行当日の仕事を確実にするために、事前に現地に訪れて下調べをしたり、観光施設などの旅行担当者と打ち合わせをしたりすることも、仕事内容に含まれてきます。また、スケジュールの中に自由時間がある場合には、観光のアドバイスやお買い物情報などを提供することもあります。病気や盗難など、旅行者がトラブルに見舞われた場合の対応も、ツアーコンダクターの仕事です。

ツアーコンダクターの年収

ツアーコンダクターの年収は、働く形態や時期によって違います。近年では派遣会社から派遣されるケースが増えてきており、その場合には月給ではなく日当(日給)として給料を受け取ります。

こういったツアーコンダクターの平均日給は、国内旅行で7,000円から12,000円ほど、海外旅行で8,000円から25,000円ほどとされており、年収としては300万円前後の人が多いです。ただし、数をこなせばこなすほど給与が増えるため、1回の日当が多くなくても添乗する時期や場所、個人の能力によって、収入アップが期待できます。打ち合わせ代や残業代などが加われば、さらに収入は増えるでしょう。

おわりに

ツアーコンダクターは、旅行者が安心・安全に旅行をするために欠かせない存在です。スケジュールや人の管理を行うため仕事内容はハードですが、その分「難しいことをやり遂げた」というやりがいや、さまざまな場所に行けるといった楽しさもある職業です。