読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

アスレティックトレーナーになるには?

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、スポーツ選手や高齢者など、さまざまな人の健康を支えている職業です。人体の構造やケガの応急処置法など、幅広い知識やスキルがなければ、一人前のアスレティックトレーナーになることはできません。では、一人前のアスレティックトレーナーになるには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか。

ここでは、アスレティックトレーナーになるための方法をご紹介します。

アスレティックトレーナーになるには

アスレティックトレーナーを目指す場合は、スポーツチームやスポーツジムに所属する方法が一般的です。ただし、専門知識が必要な仕事であるため、トレーニング理論や人体の構造などを学べる体育系の専門学校や大学を出ている人が多いです。

特別必要になる資格はありませんが、民間でアスレティックトレーナーを認定する資格があるため、こうした資格を取得しておくと就職に有利に働きます。

アスレティックトレーナーの一日

アスレティックトレーナーの一日は、勤務する場所によって違います。しかし、誰よりも早くトレーニングや試合の現場に到着する必要があるため、基本的に朝は早いです。

スポーツチームのアスレティックトレーナーは、選手たちが来る前に、その日のトレーニングに使用する器具や道具などの準備をします。選手がやってきたら、練習や試合に向けて準備運動などの指導を行います。

練習が始まったら水分補給のサポートをしつつ、ケガをしないか選手たちを見守ります。同時にフィットネストレーニングなどの指導も行っていきます。

練習が終わったら後片付けや掃除、器具のメンテナンスをします。一緒に仕事をしているアスレティックトレーナーと情報の共有をしたら、その日の仕事は終了となります。

アスレティックトレーナーの将来性

アスレティックトレーナーは、将来性の高い職業です。日本ではまだ知名度の低い職業ですが、プロのスポーツチームなどでは「選手のコンディション管理はプロが行うもの」という考えが浸透してきています。そのため、スポーツチームなどでのアスレティックトレーナーの需要は、少しずつ高くなっています。

こうしたスタイルのチームは今後も増えていくと考えられており、アスレティックトレーナーが必要とされる場面は増えていくと予想されます。

アスレティックトレーナーの服装

アスレティックトレーナーの服装は、基本的に動きやすいスポーツウェアなどが多いです。ただし、スポーツジムなどではお客様に接するため、見た目も重視されます。

就職先によっては、ファッショナブルなスポーツウェアなどを要求されることもあります。

おわりに

アスレティックトレーナーになるには、専門的な知識が必要です。学歴や資格がなくても目指すことは可能ですが、専門学校や大学に通って基礎から学べば、効率的に知識やスキルを身につけることができるでしょう。