なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

アスレティックトレーナーの専門学校・大学・短大

世界で注目されるスポーツ選手はたくさんいますが、彼らの影にはトレーニングやコンディションをサポートしてくれる「アスレティックトレーナー」がいます。選手が活躍できるよう、常に選手と二人三脚でトレーニングを行うアスレティックトレーナーに魅力を感じている人もいるでしょう。では、アスレティックトレーナーになるには、どのような学校に通えば良いのでしょうか。

ここでは、アスレティックトレーナーの学校についてご紹介します。

アスレティックトレーナーの専門学校・大学・短大

アスレティックトレーナーの知識を専門的に学べる学校は、アスレティックトレーナーの知名度が低いこともあり、さほど多くはありません。しかし、アスレティックトレーナーに必要な知識を身につけることができる学校は、全国に多くあります。

アスレティックトレーナーとして働くには、人体の構造や応急処置などの専門知識が必要です。そのため、あん摩マッサージ指圧師柔道整復師といった、代替治療(医師が行う治療の代わりになる医療)ができる資格を持っていると、就職時に有利に働きます。こうした資格を得るには、体育系、医療系の学部がある専門学校・大学・短大を選ぶと良いでしょう。

アスレティックトレーナーの学費

アスレティックトレーナーの勉強ができる学校の学費は、私立大学で120万円から200万円ほど、専門学校で100万円から200万円ほどです。夜間部であれば、諸費用などを覗いて55万円ほどで通えるところもあります。

アスレティックトレーナーの勉強

アスレティックトレーナーの学校では、人体の構造や基礎的な医学のほか、アスレティックトレーナーとして働くために必要なさまざまな分野を勉強します。具体的には、トレーニング方法や応急処置、マッサージ法など、実際に現場で使用する技術や知識がメインになってきます。

また、あん摩マッサージ指圧師柔道整復師などの資格を目指す学校も見られます。専門学校や大学では、すでに現場で活躍している人も身近にいるため、先輩から現場のことを直接聞くこともできます。

おわりに

今回は、アスレティックトレーナーの学校についてご紹介しました。

学校によって、取得を目指す資格の種類やカリキュラム、学費などに違いが見られます。どのようなアスレティックトレーナーになりたいのかをイメージし、必要な知識やスキルを学べる学校を選ぶようにしましょう。また、パンフレットなどで学費について下調べをしておき、家族に相談しておくことも大切です。