読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

アスレティックトレーナーに向いている人、適性

試合で戦うスポーツ選手の裏には、スポーツ選手と一緒に試合に向けて準備をしてきたアスレティックトレーナーの存在があります。ベストコンディションで試合に臨めるよう選手をサポートするアスレティックトレーナーは、選手と一緒に試合に出ているといっても過言ではない存在です。そんなアスレティックトレーナーに向いている人とは、どのような人でしょうか?

ここでは、アスレティックトレーナーの適性をご紹介します。

アスレティックトレーナーに向いている人

アスレティックトレーナーに向いている人は、スポーツに情熱を持っている人です。選手がケガをしたら医師に診てもらいますが、中にはスポーツにそれほど詳しくない医師もいます。アスレティックトレーナーはそうした医師が選手に対して適切な処置ができるよう、選手のやっているスポーツのことを説明する場合があります。こうした説明は、スポーツに対する情熱がなければできません。

また、アスレティックトレーナーは、慕われる人柄も大切です。選手が「この人になら安心して任せられる」と思えるような人である必要があります。

アスレティックトレーナーの適性

アスレティックトレーナーに必要な適性としては、柔道整復師理学療法士といった医療系の知識です。人体の構造や運動学などを理解していないと、適切なアドバイスやケガをした時の応急処置もできません。

それに加えて、状況に応じて的確な判断ができる判断能力や、物事を正確に伝えるコミュニケーション能力も必要です。

アスレティックトレーナーの楽しさ

アスレティックトレーナーの楽しさは、担当するチームや選手が自分のサポートで強くなっていくことを実感できる点です。選手が試合に勝った時や、リハビリから復帰した時などは、選手と同じような喜びを味わえるでしょう。

アスレティックトレーナーは、ケガをした選手や伸び悩んでいる選手の相談相手でもあります。選手から頼りにされた時には、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

アスレティックトレーナーが使う道具

アスレティックトレーナーが使う道具は、主に応急処置のグッズです。選手がケガをした時に使用するガーゼやテーピング、消毒液などは必ず必要となります。ほかにも、アイシング用のコールドスプレーや包帯、爪切り、眼帯など、用意しておくべきものがたくさんあります。

アスレティックトレーナーの求人、就職

アスレティックトレーナーの求人は、さほど多くはありません。スポーツチームに所属して仕事をするのは難しいですが、スポーツジムやフィットネスクラブなどでの求人は、今後増えていくと予想されています。

また、医療関係の資格を持っているアスレティックトレーナーであれば、接骨院鍼灸院などへの就職も可能です。

アスレティックトレーナーを目指す方へ

アスレティックトレーナーは、スポーツだけでなく医療でも活躍できる幅の広い職業です。臨機応変さを求められるため、日々選手や患者さんとともに、自分も成長していけます。専門性の高い職業ですが、だからこそやりがいを感じられます。

おわりに

アスレティックトレーナーはスポーツに情熱を持ち、周りから慕われる人が向いています。アスレティックトレーナーを目指すなら、頼られる人になれるように努力していきましょう。