読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ツアーコンダクターに向いている人、適性

旅行先のさまざまな情報を提供してくれる、ツアーコンダクターに憧れている人もいるでしょう。しかし、「自分はツアーコンダクターに向いているのか」と、不安になってしまうことはありませんか?

そこで今回は、ツアーコンダクターに向いている人や適性についてご紹介します。

ツアーコンダクターに向いている人

ツアーコンダクターに向いている人は、周囲との調和を大切にできる「リーダータイプ」の人です。団体旅行には多くの人が参加するため、さまざまな人のことをきちんと理解して、それぞれに的確な対応をする必要があります。

また、自分と違う意見を持っている人を受け入れたり、人が楽しんでいるかどうかを感じ取れたりする人も、ツアーコンダクターに向いていると言えます。

ツアーコンダクターの適性

ツアーコンダクターの適性としては、まず「旅行が好き」ということが挙げられます。ツアーコンダクターはお客様に同行してさまざまな場所に行くため、その場所の現地情報なども事前に仕入れておく必要があります。

そうした事前の調査では、各地域の風習や文化などに興味を持っていれば、より頭に入ってきやすくなります。また、海外で活躍することを目指すのであれば、日常的な会話や観光英会話などができると良いでしょう。

ツアーコンダクターの楽しさ

ツアーコンダクターの楽しさは、何よりもさまざまな観光地へ行けることです。基本的にツアー中はお客様が最優先ですが、自分も同じ場所に行けることには変わりがありません。そのため、お客様と一緒に自分も観光を楽しんでいるツアーコンダクターは多く見られます。

また、ツアーを通して多くの人と知り合い、お客様を笑顔にできることもツアーコンダクターの魅力です。多くのお客様を相手にするため、非常に気をつかう職業ですが、お客様と無事に帰ってきたときに受け取れる「ありがとう」の一言は、仕事のモチベーションにつながるでしょう。

ツアーコンダクターが使う道具

ツアーコンダクターは、特別な道具を使う職業ではありません。しかし、一般的な事務用品を揃えておき、お客様が必要になったときにいつでも取り出せるようにしている人が多く見られます。こうした事務用品は、観光施設でサインなどをするときにも使います。

また、旅程をしっかりと時間通りに管理するため、時計は必須アイテムです。中には、お客様のために透明袋や薬などを常備しているツアーコンダクターの人もいます。

ツアーコンダクターの求人、就職

ツアーコンダクターの活躍の場は多くありますが、旅行会社がツアーコンダクターを募集することはあまりありません。ツアーコンダクターとして働いている人のほとんどは、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録し、旅行会社からの求めに応じて、必要なときだけ仕事をするというスタイルになっています。

そのため、ツアーコンダクターは常に仕事があるわけではありません。しかし、海外専門のツアーコンダクター派遣会社などもあり、各地域の文化や言語に詳しいツアーコンダクターの需要は高いです。

ツアーコンダクターを目指す方へ

ツアーコンダクターは、体力的にも精神的にも大変な職業です。しかし、普段はできない多くの経験を積み、人間的に大きく成長できる職業でもあります。

こうした成長と共に、お客様に感動を与えられる点がツアーコンダクターとしての誇りとなり、やりがいにもつながっていきます。

おわりに

自分はツアーコンダクターに向いていないと感じた人も、まだまだチャンスはあります。どのような知識・スキルが必要になるのかを考え、自分を磨く努力を続けていきましょう。