読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームデザイナーの仕事とは?

ゲームデザイナーは、自分の作りたいゲームのアイディアを実現させ、プレイヤーに楽しさや喜びを提供する素晴らしい職業です。細かい決まりは働く企業によって変わりますが、実際の仕事内容や収入面などを正しく理解しておくと、これから進むべき道筋が見えてきます。

そこで今回は、ゲームデザイナーの仕事内容や年収についてご紹介します。

ゲームデザイナーとは

ゲームデザイナーとは、ゲームの立案や物語の流れ、コンセプトや世界観など、ゲームの基本設計をする職業です。企業によっては、「ゲームプランナー」と呼ばれることもあります。

ビジュアル面でグラフィック・CGデザイナーへ指示することや、場合によってはプログラミングに対する指示なども必要になってきます。職人のような専門的な知識までは必要ありませんが、常に全体を把握できるような幅広い知識と視野が求められる職業です。

自分の考えたアイディアが本当に面白くても、それを伝えられなければ実現することはできません。そのため、高いプレゼンテーションスキルも求められるでしょう。面白いアイディアで周りを納得させられるような、強い心も必要になります。

ゲームデザイナーの仕事内容

ゲームデザイナーとして働く上で大切になるのは、「アイディアを生み続けること」です。そのためには、普段の生活から業界の流行や最新情報を取り入れる必要があるでしょう。

ゲーム制作はチームで行うため、うまく連携するように周りを誘導して、スケジュールを守ることも大事な仕事となります。制作することが決まったら、ユーザーの立場になって細かいチェックをしていきます。アイディアを出すだけでなく、完成まで責任を持って取り組むことがゲームデザイナーの仕事です。

ゲームデザイナーの年収

ゲームデザイナーの年収は、400万円から500万円程度が相場とされています。デザイナーという職種のため、個人のセンスや作品の評価で収入は変わってくるでしょう。

ボーナス額は会社によって変動があったり、中には歩合制の給与になったりする場合もあるため、就職前にしっかりと確認しておくことが大切です。

おわりに

今回は、ゲームデザイナーの仕事内容や年収について紹介してきました。

ゲームデザイナーは、フリーランスや独立・開業といった働き方は少なく、一般的には企業に勤務するケースが多くなっています。ただし、どのような働き方を選ぶにしても、アイディアで勝負することになるでしょう。魅力的なゲームを考えるには、日常生活でさまざまな知識や情報を取り入れることが大切になります。

広告を非表示にする