なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームプログラマーの仕事とは?

ゲームプログラマーがいなければゲームは完成しません。実際にゲームの中身を作っているのは、ゲームプログラマーだからです。試行錯誤の繰り返しと、執念のような努力が必要な職業ですが、ひとつひとつゲームができあがっていく喜びは、ほかの業種では味わえない感覚でしょう。

今回は、そんなゲームプログラマーの仕事内容についてご紹介します。

ゲームプログラマーとは

ゲームプログラマーとは、ゲーム制作において特殊な開発言語を用いてプログラムを組む職業です。ゲームデザイナーが考えた構想を実際に形にする役割のため、とても重要なポジションと言えます。

建設業界で例えるなら、ゲームデザイナーが建築家で、ゲームプログラマーは大工など、現場にいる人すべての役割といった位置付けです。そのくらい任される仕事量が多いため、やりがいは十分に感じられるでしょう。

活躍の場は、主にゲームメーカーや制作会社となります。中にはフリーランスとして、個人でゲーム制作に関わる人もいます。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーのメインとなる仕事は、ゲームデザイナーが作成した仕様書を読み、理解した上でコンピュータ上にプログラムを組むことです。言われた通りにプログラムを組むだけではなく、細かな操作性や演出の調整も行います。

ユーザーがストレスを感じずにゲームを楽しむには、ゲームプログラマーの細かな技術が必要になることから、作ったゲームが売れるかどうかはゲームプログラマーの腕で決まるとも言われています。

ゲームプログラマーの年収

ゲームプログラマーの平均年収は、中小企業の場合で300万円から500万円前後です。製品の納期によっては残業が多い月があり、給料の幅が大きく変動する可能性があります。残業代の支払いに関しては、会社ごとに取り決めがあるため入社前に確認しておくことが重要です。

チームをまとめるチーフプログラマーや管理職に昇格できれば、昇給も期待できるでしょう。会社の利益はゲームの売り上げと開発コストで左右されるため、日本の会社ではプログラミングスキルが高くても、比例して給料が高くなるわけではありません。一方、アメリカなどの海外では、スキルに応じた報酬を支払うシステムを導入している会社が多く見られます。自信があるなら、海外に渡るのもひとつの手段でしょう。

おわりに

ゲームプログラマーの仕事内容や年収を紹介いたしました。

アプリのゲームも日々増え続けているように、ゲーム業界は目まぐるしく変化しています。そのため、時代によって働き方や平均収入も変わってくるでしょう。

新しい情報を常に取り入れ、時代の変化に対応できるゲームプログラマーは多くの場所で必要とされるため、向上心を大切にしていきましょう。