読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームデザイナーになるには?

ゲームデザイナーという職業を知っていても、具体的にどのように目指すのかについては、あまり知らない人も多いのではないでしょうか。ゲームデザイナーは情報系の知識・スキルだけでなく、発想力などさまざまな能力が必要になるため、慎重に進むべき道を選ぶ必要があります。

ここでは、ゲームデザイナーになるために必要なことや、具体的な働き方についてご紹介します。

ゲームデザイナーになるには

ゲームデザイナーとして働くために、特別な資格は必要ありません。一般的には、ゲームメーカーや制作会社に就職して、経験を積んでからゲームデザイナーとして活躍します。

最初からゲームデザイナーとして就職できなくても、ゲームの制作に関わり、スキルや経験を身につけてからゲームデザイナーになれることもあります。例えば、プログラマーやグラフィックデザイナーとして経験を積み、ゲームデザイナーに転向する流れは多く見られます。

ゲームデザイナーの一日

ゲームデザイナーは朝9時頃に出勤したら、まずはスケジュールの確認やメールのチェックを行います。朝10時からは企画会議に参加し、プロデューサーやクリエーターの人とアイディアを交わします。プロジェクトが既に決まっていたら、具体的な方向性などを決める会議になるでしょう。

お昼頃にはランチを取り、修正依頼があったら担当している人のところへ向かい、指示をします。その後、動きや演出のチェックを終えたら、夕方にはミーティングをします。納期の近い作業をミーティングでチェックし、デザイン作業などの手伝いを行って終業時間になったら帰宅します。

ゲーム業界は午後出勤のケースも多く、そのような企業では仕事の時間帯や流れが異なります。

ゲームデザイナーの将来性

ゲームデザイナーの将来性は、ゲーム業界全体の流行に左右されます。スマートフォンやアプリの躍進でゲームを売り出しやすくなりましたが、その分競合企業が増えたとされています。

だからこそ、ゲームデザイナーの独自のアイディアが重要になってくるでしょう。多くのユーザーから愛されるゲームを作ることができれば、業績に応じて収入も増えていきます。

ゲームデザイナーの服装

ゲームデザイナーの服装には特に決まりがなく、私服の割合が多いです。ただし、人と会うことが多い職業であるため、清潔感は必要でしょう。仕事を任せる上で、服装も判断基準のひとつになる可能性があります。

おわりに

ゲームデザイナーはパソコンと向き合うより、人と会ったりイベントに参加したりするなど、アクティブに動く働き方が多い傾向にあります。普段の何気ない日常生活にも、世界を驚かすアイディアが潜んでいる可能性があるため、私生活を変えることから取り組むことも大切です。

広告を非表示にする