読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームプログラマーの専門学校・大学・短大

ゲームプログラマーとして活躍されている方の多くは、専門学校・大学・短大の卒業生です。専門的な知識やスキルが求められるため、基礎から勉強できる学校へ進学する方が多くなっています。

ここでは、プログラミングを学べる専門学校・大学・短大の選び方などをご紹介しましょう。

ゲームプログラマーの専門学校・大学・短大

ゲームプログラミングを学べる学校は、主に情報系の専門学校と大学になります。短大にも情報系の学科は見られますが、専門学校や大学に比べると数が少ない傾向にあります。

専門学校のメリットとしては、ゲームに関するプログラミング環境が揃っているため、ゲームに特化した知識を学べる点です。周りの学科もゲーム関係を目指す人が多く、ゲームプログラマーを目指す上では素晴らしい環境と言えます。

大学のメリットは、4年制のため勉強できる時間が多いという点です。その分、プログラミングについて幅広く学ぶこともできるでしょう。ゲームに特化した知識は自分で補うことになるため、向上心を高く持つことが重要になってきます。

ゲームプログラマーの学費

一般的な専門学校の学費は、2年間で250万円程度が相場です。学校によって入学金・テキスト代・パソコンの購入など、細かな内容で差が出てくるため、自分の環境に合わせた学校を選ぶと良いでしょう。

大学は理工学科の場合、4年間の総額で500万円から750万円程度の金額が相場となります。国公立・私立によって学費が大きく変わるため、注意しておきましょう。

ゲームプログラマーの勉強

ゲームプログラマーを目指す場合は、最初にプログラミング言語の基礎を学ぶことになります。例えば、コンピュータ上で自分のイメージ通りにキャラクターを動かしたり、音を鳴らしたりと、ゲーム作りのすべての指示をプログラミング言語で行うための知識をつけていきます。

プログラミング言語にはさまざまな種類がありますが、基本的にはどの学校を選んでも「C言語」から学び始めます。C言語はさまざまなプログラミング言語の基礎となっているため、ゲーム作りにC言語を使わないとしても、C言語の知識やスキルは役立つでしょう。

おわりに

今回は、ゲームプログラマーの学校について紹介してきました。

進学先を選ぶ場合には、学費だけでなく学校独自のカリキュラムにも目を向けましょう。学校によって、身につけられる知識やスキルが少し異なるため、パンフレットなどで事前に情報収集しておくことが大切です。