読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームデザイナーに向いている人、適性

ゲームデザイナーという職業には適性があります。しかし、自分には向いていないと思っていても、欠点を直せば一流のゲームデザイナーになることもできます。そのため、どのような人が求められるのかを理解して、現在の自分と比較してみましょう。

ゲームデザイナーに向いている人

ゲームデザイナーには、何よりも「ゲームが好きな人」が向いています。また、自分がゲームをプレイしている際に、「自分だったらこうする」「もっとこうした方が面白い」のように、独自の感性を持っている人も向いていると言えるでしょう。

ゲームデザイナーは誰かの真似ではなく、新しいアイディアが必要になる職業であるため、常に考えることが習慣になっていると強みになります。

ゲームデザイナーの適正

さまざまな事柄に疑問を持てる人は、ゲームデザイナーの適性があります。人気のゲームがなぜ売れているのか、なぜこのような構成にしたのかなど、流行りや最新情報を入手するだけではなく、分析できると良い結果に結びつくでしょう。

また、プログラミングやグラフィックの知識はもちろん、打ち合わせをする際にはコミュニケーション能力も求められます。

ゲームデザイナーの楽しさ

自分のアイディアがゲームとして実現すれば、それだけで楽しさを感じることができるでしょう。また、ユーザーから高い評価を受けられた時、歴史的な作品に関われた時などにも、ゲームデザイナーは楽しさを感じることができます。

ゲームデザイナーが使う道具

プログラムやグラフィックを作るのに、パソコンは必須の道具と言えます。スケジュール管理やメールの送受信、データのやり取りなども行うため、パソコンの扱いに慣れていることが大切です。

また、アイディアを書き留める手帳やノート、カメラなども、多くのゲームデザイナーが持ち歩いています。

ゲームデザイナーの求人、就職

一般的な就職先は、ゲームメーカー・制作会社になります。新卒でデザイナー・プランナー職での募集は少ない傾向にあるため、最初はゲームプログラマーなどとして就職する人が多いでしょう。

中には、在学中にクオリティの高いゲームを作り上げ、そのゲームを武器に就職を成功させる人も見られます。

ゲームデザイナーを目指す方へ

ゲームデザイナーのイメージがなかなか湧かない人は、憧れのゲームデザイナーを探してみましょう。その人の経歴を調べると、進むべき道筋をイメージしやすくなります。

また、学校生活だけでなく、日常生活でもさまざまな物事に興味を持ち、日々発想力やセンスを磨くことが大切です。

おわりに

ゲームデザイナーは競争率も高く、想像以上の努力が必要になるかもしれません。しかし、実際にゲームデザイナーは存在していますし、最初のうちは誰もが勉強で苦労しています。

そのため、「ゲームデザイナーになりたい」という強い気持ちを忘れずに努力していけば、周りから求められる人材になることは十分に可能です。