読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームプログラマーに向いている人、適性

ゲームプログラマーを目指しているものの、中には「本当に続けられるのか」と不安に感じる人も多いでしょう。自分に向いている仕事なのかを判断するためには、仕事の内容や魅力を正しく理解することが大切です。自分の性格を見つめ直し、必要ならば欠点を補うようにすると、自分のやりたいことを仕事にできる日が来るでしょう。

そこで今回は、ゲームプログラマーの適性についてご紹介します。

ゲームプログラマーに向いている人

一番大事なのは、「ゲームが好きであること」です。ゲームプログラマーは根気と集中力が必要になるため、好きじゃないとできない仕事の代表格と言える職業です。

また、「モノづくりに喜びを感じられる人」も、ゲームプログラマーに向いています。モノづくりが好きであれば、ゲームが完成した時に楽しさややりがいを感じられるでしょう。

ゲームプログラマーの適性

ゲームプログラマーには、ひとつのことを続けられる「集中力」が必要です。大きなプロジェクトの場合は基本的に分担作業になるため、「協調性」も重要な適性になってきます。

ゲームデザイナーとユーザーの間に入ってゲームを制作する立ち位置になるため、常にユーザーの気持ちなって仕事ができる人が求められます。

ゲームプログラマーの楽しさ

ひとつひとつゲームが完成していく喜びが、ゲームプログラマーの楽しさにつながります。思い描いていたものがカタチになった瞬間は、モノづくりの世界で働く人が味わえる特有のやりがいを感じられるでしょう。

こうすればキャラが生き生きする、このやり取りは動きを大きくした方が笑えるなど、細かな修正で印象がガラッと変わる点がゲームプログラムの難しさです。しかし、だからこそ自分の理想をカタチにできた時に、楽しさを感じることができるでしょう。

ゲームプログラマーが使う道具

ゲームプログラマーが使うメインの道具は、パソコンとなります。職場でもパソコンは用意されていますが、自宅でも作業をする場合には、自前のパソコンを用意することになるでしょう。

キーボードやマウスなど、作業を効率化するためにパソコンの周辺機器を自分専用のものにしているゲームプログラマーも見られます。

ゲームプログラマーの求人、就職

ゲームプログラマーの代表的な就職先は、ゲームメーカーや制作会社になります。その中でも、ベンチャー企業や大手企業などの違い、家庭用ゲームなのかウェブ業界なのかによって、細かな業務内容が変わってきます。

また、人材不足が嘆かれている業界であるため、都市部を中心に求人情報が多く見られます。

ゲームプログラマーを目指す方へ

ゲームプログラマーの働き方は、就職先によって異なることがあります。プログラムを組むという仕事内容は変わりませんが、仕事をする時間帯やゲームの内容、使用するプログラミング言語などに違いが見られるため、目指す前に理想の働き方をイメージしておきましょう。

おわりに

ゲームプログラマーの魅力や適性について紹介しました。

苦手な項目や自分の弱点が見つかったら、克服できるように目標を立ててみましょう。現時点では知識やスキルが足りなくても、正しい方向性で努力を続ければ、着実に能力を伸ばすことができます。