なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

俳優に向いている人、適性

俳優として成功するには、さまざまな人から「魅力的な俳優である」と評価される必要があります。そのため、早いうちから正しい方向性で努力をし、自分を磨き続けることが大切になってくるでしょう。

ここでは、努力の方向性を見出す手助けとして、俳優に向いている人や適性などをご紹介します。

俳優に向いている人

俳優として働き始めると、共演者やスタッフと一緒にひとつの作品を作っていくことになります。そのため、「協調性」のある人は、俳優に向いていると言えるでしょう。

ただし、協調性があるだけでは、俳優として成功することは難しいです。時には、自分の魅力を最大限発揮するために、仕草やセリフにアドリブを加えることも大切になります。したがって、「目立ちたい人」や「自分の魅力を理解している人」なども、俳優に向いていると言えます。

俳優の適性

俳優として多くのオファーを受けるには、やはり「演技力」や「表現力」が求められます。ただセリフを読むだけでなく、感情が伝わるように工夫したり、分かりやすい仕草を入れたりすることが求められるでしょう。

また、「コミュニケーション能力」も、俳優にとっては重要なスキルです。共演者やスタッフに対して、「また一緒に作品を作りたい」といった印象を与えられるように、円滑なコミュニケーションを取ることが必要になります。周りの人たちに好印象を与えられれば、次のオファーにもつながるでしょう。

俳優の楽しさ

多くの俳優は、自分が出演したドラマ・映画などの作品が世に出たときに、大きなやりがいを感じています。その作品が視聴者から高い評価を受ければ、さらに楽しさを見出すことができるでしょう。

また、憧れていた俳優と共演したとき、自分の知名度が高くなったときなど、俳優はさまざまなタイミングで楽しさを感じられる職業です。

俳優が使う道具

俳優がドラマや映画などで使用する大道具・小道具は、基本的にテレビ局などの制作側が用意します。したがって、俳優には特に必要な道具はありません。

ただし、俳優は外見が重視される職業であるため、外見を整える道具を常に持っている俳優は多く見られます。男性であれば髭剃りなど、女性であれば化粧品などを携帯し、日頃から外見に注意を払う必要があるでしょう。

俳優の求人、就職

求人情報誌や求人サイトなどには、俳優の求人情報は基本的に掲載されていません。俳優の方が仕事を探す場合は、劇団や芸能事務所などのオーディション情報を探すケースが多くなっています。

また、オーディションに合格したからと言って、「就職」という形にはなりません。継続して仕事をこなすには、積極的にオーディションに参加したり、自分を売り込んだりすることが必要になるでしょう。

俳優を目指す方へ

俳優として成功を収めるのは、簡単なことではありません。中には、数年間仕事を任せられることがなく、途中で挫折してしまう方も見られます。

しかし、成功すれば一気に知名度が高くなり、それに応じて収入も増えていきます。年収が1億円を超えるような俳優も見られるため、夢のある職業と言えるでしょう。

そのような夢を実現するには、日々の努力が大切になります。自分の性格や演技力などを分析し、スキル・魅力を磨けるような努力を続けていきましょう。

おわりに

ここまで、俳優の適性などについて紹介してきました。

俳優としての演技力・表現力を磨くには、学校で基本的なレッスンを受けるだけでなく、自分でもさまざまな努力を続けることが大切になります。現在の自分を分析し、不足しているスキルや知識を見極めてみましょう。