読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

自動車整備士に向いている人、適性

自動車整備士には、自動車に関するさまざまな知識・スキルが求められます。求められる具体的な知識・スキルを把握しておけば、自分がこれから取り組むべき努力を見極めることができるでしょう。

そこで今回は、自動車整備士の適性などについてご紹介します。

自動車整備士に向いている人

自動車整備士として働くと、勤務時間の大部分を自動車の整備に費やすことになります。1日で何台もの自動車を整備するケースも珍しくないため、「ひとつの作業に集中できる人」は、自動車整備士に向いていると言えます。

また、製造技術が進歩すると、新しい知識や技術が求められることもあります。そのため、勉強を続けられる「向上心がある人」は、自動車整備士に向いているでしょう。

自動車整備士の適性

自動車の中には、デリケートな部分も存在しています。例えば、そのような部分に自動車整備士が小さなミスをしてしまうと、深刻な事故につながりかねません。そのため、自動車整備士には「手先の器用さ」や「注意力」が求められます。

また、就職先によっては、一般のお客さんと会話をすることも仕事に含まれてきます。そのような職場では、「コミュニケーション能力」や「分かりやすく説明する能力」なども求められるでしょう。

自動車整備士の楽しさ

自動車が好きな人であれば、自動車整備の仕事をこなしているだけで、楽しさを感じることができるでしょう。例えば、分解や組立を行う職場では、自動車の仕組みや機能性などの魅力を体感できます。

また、「人の安全を守れること」「自分の技術が役に立っていること」などに対して、やりがいを感じている自動車整備士の方が多く見られます。

自動車整備士が使う道具

自動車整備士は、自動車のさまざまな部分の整備にあたるため、数多くの道具を使用しています。例えば、車を持ち上げる「ジャッキ」、分解や組立に使用する「レンチ」などは、ほとんどの自動車整備士が使用しています。

また、「溶接機」や「遠赤ヒーター」など、大きな機械を用いて仕事にあたる整備士も少なくありません。ただし、自動車整備士の道具は、基本的に職場で用意されているケースが多いため、自分で全てをそろえる必要はないでしょう。

自動車整備士の求人、就職

自動車整備士の求人情報を見てみると、正社員の雇用形態が多い傾向にあります。人材不足が生じている職業であるため、長く務めてもらえるように、多くの企業が正社員を求めています。

人口が多いエリアほど求人情報は充実していますが、郊外エリアの求人情報も少なくありません。就職を目指す時期には、さまざまなエリアを選択肢として考えられるでしょう。

自動車整備士を目指す方へ

自動車整備士は、高い専門性が求められる職業です。人々の安全を守る職業でありながらも、小さなミスをしてしまうと、さまざまな人の危険を招く恐れがあります。

そのため、手先の器用さや注意力など、知識・技術以外にもさまざまな能力が求められます。自動車整備士を目指す場合には、その点をしっかりと意識して、必要な能力を磨いていきましょう。

おわりに

自動車整備として高い評価を受けるには、さまざまな知識・スキルが必要となります。現在の自分に不足している能力を見極め、これから起こすべき行動を考えてみましょう。また、職場によって求められる知識・スキルは異なるため、早いタイミングで理想の就職先をイメージすることも大切です。