読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

薬剤師の仕事とは?

薬剤師

人が健康的な生活を送る上で、薬は必要不可欠の存在と言えます。時代の流れとともに、薬の開発も進んできており、現代にはさまざまな薬が存在しています。薬剤師は、その薬を扱うプロであり、人々の健康を日々支えています。

ここでは、薬剤師の具体的な仕事内容や、年収などの実情についてご紹介します。

薬剤師とは

薬の調剤や仕入れ、衛生管理など、薬に関するさまざまな仕事をこなしている職業のことを、「薬剤師」と言います。薬剤師の職場として、「薬局・ドラッグストア」をイメージする方も見られますが、医療に関わる職業であるため、病院に勤務する薬剤師も存在しています。

また、日本には医薬品を開発・製薬している企業がありますが、そのような企業に勤めている薬剤師の方も見られます。このように、現代の薬剤師は医師や製薬会社などと協力しながら、さまざまな人たちの健康を支えています。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容は職場によって異なるため、ここでは職場別に仕事内容をご紹介します。

病院に勤める薬剤師は、医療で必要になる薬を用意したり、医師の処方せんを参考に薬を調合したりします。中には、医師・看護師と医療チームを組み、実際の医療に関わるような薬剤師も見られます。

薬局・ドラッグストアに勤める薬剤師は、店内の薬を管理することが主な仕事となります。ただし、職場によってはレジ打ちや品出しなど、店員としての仕事が任せられることもあります。

製薬会社に勤める薬剤師は、臨床試験や実験などを繰り返し行うなど、基本的に開発に関する仕事に携わります。薬の開発・発展は国内だけの課題ではないため、海外の論文を読んだり、学会に参加したりする薬剤師も少なくありません。

このように、薬剤師は職場によって仕事内容が異なるため、自分の理想とする職場をあらかじめ考えておくと良いでしょう。

薬剤師の年収

病院に勤務する薬剤師の年収は、600万円前後とされています。初めのうちは400万円前後の方が多く見られますが、勤続年数が長くなると、600万円を超えるケースも珍しくありません。

薬局・ドラッグストアに関しては、年収が350万円から600万円とされています。職場や昇進などによって大きな差が見られるため、慎重に就職先を決める必要があるでしょう。

製薬会社に関しては、初めのうちは年収300万円から400万円が多いものの、勤続年数が長くなると、1,000万円を超えることもあります。ただし、ほかの就職先と比べて採用される数が少ないため、競争率が高い傾向にあります。

おわりに

ここまで、薬剤師の仕事内容などについて紹介してきました。

薬剤師の仕事内容や年収は、職場によって違いが見られます。就職先や進学先を決める前に、具体的にどのような職場で働きたいのかをイメージしておきましょう。

広告を非表示にする