読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ホテルスタッフの仕事とは?

ホテルスタッフ

ホテルスタッフと言えば、旅行先などでホテルに泊まったときに、快適な宿泊を提供してくれる職業です。ホテルに宿泊したとき、フロントのスタッフやコンシェルジュに丁寧な案内をしてもらった方もいるでしょう。では、ホテルスタッフは具体的にどのような仕事をこなしているのでしょうか。

今回は、ホテルスタッフの仕事についてご紹介します。

ホテルスタッフとは

ホテルスタッフとは、ホテルで働く従業員のことです。ホテルによっては、宿泊客を受け入れるほかに、料理や宴会の場を提供することもあります。そのため、ホテルスタッフにもさまざまな種類があります。

例えば、ホテルの顔とも言える「フロント」、客室のベッドメイキングや清掃を行う「客室係」、お客さんの要望に応える「コンシェルジュ」など、単に宿泊用のホテルでも複数のホテルスタッフがいます。また、ホテルを宣伝する「広報や営業」のほか、宴会を担当するスタッフなど、宿泊客からは直接見えない場所にも、ホテルスタッフの活躍の場はあります。

さらに、これらのスタッフやホテルの設備を管理する「管理スタッフ」も、ホテルスタッフの一員です。ほかにも、荷物を持つ「ベルパーソン」や、入口でお客さんを出迎える「ドアマン」など、ホテルスタッフの幅は広くなっています。

ホテルスタッフの仕事内容

ホテルスタッフの仕事内容は、主に宿泊客への対応です。宿泊の予約受付やその管理、簡単な案内などは、フロントのスタッフが対応します。コンシェルジュはお客さんの「相談役」とも言える職業であり、お客さんの要望に応えるほか、レストランの予約や航空券の手配、観光案内などの高度なサービスを専門的に提供しています。

客室係は、お客さまのチェックインまでに部屋のベッドメイキングや掃除を行い、お客さんが快適に過ごせるような部屋づくりを行います。このように、ホテルスタッフの仕事内容はその種類によって、大きく変わってきます。

ホテルスタッフの年収

ホテルスタッフの平均年収はおよそ281万円、平均月収は18万円とされています。ほかの職業に比べて高いとは言えませんが、経験を積んでスキルアップをし、マネージャーや支店長に昇進すると高い年収も期待できます。

おわりに

ホテルスタッフは仕事内容が幅広いため、選ぶ種類によって求められるスキルは変わってきます。しかし、どの種類のホテルスタッフも、基本的にはお客さんのために仕事をこなしています。そのため、お客さんの目線に立って仕事をこなすことが大切になります。

広告を非表示にする