読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

薬剤師の専門学校・大学・短大

薬剤師

薬剤師として働くには、薬学課程のある大学へ進学する必要があります。6年間大学に通うことになるため、中には「学費が心配…」と不安になっている方もいることでしょう。

そこで今回は、薬剤師の学費についてや、具体的な勉強などについてご紹介します。

薬剤師の専門学校・大学・短大

高校生の方が薬剤師を目指す場合、進学先として選べる選択肢はふたつあります。ひとつは、6年制の薬科大学に進学する方法、もうひとつは4年制の大学(薬学課程)に進学し、さらに薬学課程の大学院へ進学する方法です。

薬剤師を目指せる大学は日本全国に存在していますが、大学によって設備などの教育環境は異なります。そのため、パンフレットなどで学校の情報を調べてから、進学先を決めることが望ましいでしょう。

進学先選びにおいて、特に重視されやすいのは「設備の充実性」と「少人数性」の2点です。少人数クラスが用意されている大学であれば、疑問点や不安な部分を教授に相談しやすいでしょう。

薬剤師の学費

薬剤師の大学の学費は、1年間で200万円前後とされています。学校によって若干の違いは見られますが、6年間通うとなると、約1,200万円の費用がかかることになります。

同じ大学であっても、ほかの学部・学科と比べると学費が高いため、家族などにしっかりと相談する必要があるでしょう。また、私立の大学を選ぶと、さらに学費が高くなることもあります。

薬剤師の勉強

薬剤師を目指す場合には、基本的に国家試験の合格に向けて勉強することになります。そのため、国家試験対策のカリキュラムを用意している大学が多く、大学ではそのカリキュラムに沿って勉強を進めることになります。

具体的には、物理化学や有機化学など、化学の専門知識を学ぶことになるでしょう。それに加えて、応用薬学や医療薬学など、国家試験では薬に関する知識も求められてきます。

薬剤師の勉強は、ほかの分野に比べて暗記するものが多いとされています。したがって、大学で日々学ぶだけではなく、空いた時間などを使って自分でもコツコツと勉強を進めることが大切になるでしょう。

おわりに

ここまで、薬剤師の学費などについて紹介してきました。

どのような大学を選んでも、基本的には国家試験の合格を目指すことになります。ただし、学費やカリキュラムの内容、教育環境などに関しては、学校によって違いが見られます。そのような違いに注意し、家族など周りの人とも相談しながら、慎重に進学先を決めるようにしましょう。

広告を非表示にする