なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

薬剤師に向いている人、適性

薬剤師を目指すにあたって、「本当に自分は向いているのだろうか…」と不安に感じている方もいるでしょう。薬剤師にはさまざまなスキル・知識が求められるため、コツコツと勉強を重ねて、自分を磨いていくことが大切になります。

ここでは、薬剤師の適性や楽しさなどについてご紹介します。

薬剤師に向いている人

薬剤師は薬を扱う職業であるため、小さなミスが深刻な事態に発展しかねません。そのため、調剤する方法や処方する薬の組み合わせなど、「細かい点に注意を払える人」は向いていると言えるでしょう。

また、薬局やドラッグストアで働く場合には、患者さんに対して薬の説明をすることになります。したがって、「説明上手な人」も薬剤師に向いていると言えます。

薬剤師の適性

薬剤師には薬の知識・スキルだけでなく、「コミュニケーション能力」も求められます。同僚や上司はもちろんのこと、職場によっては医師や患者さんなど、さまざまな人とコミュニケーションを取ることになります。

また、薬の研究は日々進んでおり、新薬が開発される可能性もあるため、「情報収集能力」も求められると言えるでしょう。したがって、薬剤師は国家試験に合格した後も、勉強をし続けることが大切な職業となります。

薬剤師の楽しさ

実際に薬剤師として働いている方は、「患者さんが健康になったとき」にやりがいを感じています。自分が処方した薬によって、患者さんが健康を取り戻すことができれば、「人の健康を自分が支えている」と感じることができるでしょう。

また、病院に勤務する薬剤師は、患者さんから相談されることも少なくありません。そのような就職先を選べば、「頼られていること」が仕事の楽しさにつながるでしょう。

薬剤師が使う道具

多くの薬剤師は調剤するための道具として、「薬包紙・薬さじ・薬袋・薬札」などを使用しています。また、錠剤を適切な大きさに切るために、「錠剤はさみ・錠剤カッター」を常備している薬剤師も多く見られます。

また、薬剤師は書類などに「監査印」を使用することが多いため、ほとんどの薬剤師は「印鑑」を持ち歩いています。

薬剤師の求人、就職

薬剤師の求人情報は、日本全国のさまざまな都市で見られます。人材不足に悩まされている地域も多いため、人口の少ない郊外などでも、求人情報は比較的充実しています。

雇用形態は「アルバイト・パート・正社員・契約社員」などが多く、アルバイトでも時給が2,000円を超えているケースは珍しくありません。

薬剤師を目指す方へ

薬剤師は、薬に関する専門的な知識・スキルが求められる職業です。現代においては、さまざまな種類の薬が存在しているため、学ぶべき知識・スキルは少なくありません。そのため、毎日少しずつであっても、コツコツと継続的に勉強することが大切になります。

また、就職先によってはコミュニケーション能力など、一般的なビジネススキルが求められることもあります。したがって、あらかじめ希望の就職先をイメージしておき、その就職先で求められるスキルを見極めて磨くことが必要になってくるでしょう。

おわりに

ここまで、薬剤師の適性などについて紹介してきました。

薬剤師には幅広い知識・スキルが求められるため、これからの努力の方向性を間違えないことが大切です。自分の現在の知識・スキルを分析し、どのような努力を行うべきなのかについて、慎重に考えるようにしましょう。

広告を非表示にする