なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

建築士の仕事とは?

人が生活を送る上で、住宅やビルなどの建物は欠かせません。「建築士」と呼ばれる職業は、そのような建物の設計に携わっています。普段何気なく立ち寄っている商業ビルや、自分の住んでいる住宅にも、必ず建築士は関わっています。

このように、人の生活と深く関わっている建築士ですが、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。ここでは、建築士の仕事内容や年収についてご紹介します。

建築士とは

建築士とは、建物の設計図を作る職業のことです。建築会社が建物を建てるときには、必ず建築士が作成した設計図を参考にしています。

建築士は、主に「1級建築士・2級建築士木造建築士」の3つの種類に分けられます。1級建築士は設計できる建物に制限がなく、個人が住む家から大きなビルまで設計できます。

2級建築士は設計できる建物の大きさに制限がありますが、一般的な個人住宅の設計については、2級建築士の資格を持っていれば問題ありません。木造建築士は1階建て、もしくは2階建ての建物であり、延べ面積が300平方メートル以内の木造建築を設計できます。

建築士の仕事内容

建築士の仕事は、主に設計図面を作ることです。外観や内装のデザインはもちろんですが、「どのような材質で作るのか」、「どうしたら災害に強い建物になるのか」なども考えた上で、図面を作る必要があります。このときには、法律や予算なども関係してきます。

また、図面通りに工事が行われていることを確認するために、現場で監督することも建築士の仕事となります。実際の現場で建物を建てるのは建築会社や大工さんですが、工事がきちんと行われているか、問題は生じてないかなどを、現場に足を運んでチェックします。場合によっては、現場で設計図を直すこともあります。

ほかにも建築士は、工事の契約に関わる仕事や、建物を調べる仕事をこなすこともあります。また、建物に関わる法律の手続きなどを代行することもできます。

建築士の年収

建築士の年収は平均で638万円ほど、月収にすると約43万円となります。建築士は専門性の高い仕事であり、全国的に需要がある職業とされているため、比較的年収が高くなっています。

ただし、具体的な年収は就職先によって異なります。大手の不動産会社では、500万円から800万円前後の年収を期待できます。それに対して、小さな設計事務所や中小の不動産会社の場合には、400万円から600万円前後の年収となります。

おわりに

建築士は、人が住んだり利用したりする建物を設計する、とても重要な職業です。法律などが絡んでくるため、深い知識を求められることになりますが、その分やりがいを感じやすいでしょう。

広告を非表示にする