読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

トリマー・グルーマーになるには?

トリマー・グルーマーには、ペットに関する深い知識やスキルが求められます。そのため、ただ動物に詳しいだけでは、プロのトリマー・グルーマーとして働けるわけではありません。実際に働いている方の多くは、専門学校・大学・短大で専門的な知識やスキル、心構えを学んでいます。

ここでは、トリマー・グルーマーを目指す場合の具体的な道順と働き方をご紹介します。

トリマー・グルーマーになるには

トリマー・グルーマーには、特に学歴や資格が求められるわけではありません。しかし、実際には専門学校・大学・短大を卒業し、認定資格を取得してから就職を目指す方が多くなっています。これは、専門的な学校を卒業することや、知識やスキルを証明できる資格を取得することが、就職面においてアピールにつながるためです。

また、学校を卒業した後には、すぐに就職を目指す道と、アルバイトなどで経験を積んでから就職を目指す道があります。アルバイトであっても、ペットショップなどの実際の職場で積んだ経験は、就職面において無駄になることはありません。

トリマー・グルーマーの一日

お店の営業時間にもよりますが、トリマー・グルーマーの労働時間は9時〜19時前後のケースが多くなっています。9時頃にお店に出勤したら、まずは掃除や予約の確認などをし、開店の準備を整えていきます。

開店後にお客さんが訪れたら、カウンセリングを行った上でトリミングやグルーミングを始めます。勤務中は、基本的にこの作業を繰り返すことになります。また、お店によっては、車の送迎などもトリマー・グルーマーが行うことがあります。

お店が閉店したら、お店の掃除や器具の消毒・片づけなどを行い、翌日の予約のチェックをします。全ての作業が完了したら、トリマー・グルーマーとしての一日は終わります。

トリマー・グルーマーの将来性

かつての日本と比べると、ペット向けの新サービスは増えてきています。例えば、ペット専用のマッサージやネイル、セラピーなどは、比較的新しいサービスと言えるでしょう。このようなペット向けのサービスが充実するにつれて、トリマー・グルーマーの需要も高くなるとされています。

また、技術やセンスなどをしっかりと磨けば、将来的に独立することも視野に入ってくるでしょう。ただし、独立をする場合にはトリマー・グルーマーとしてのスキルだけでなく、経営者としてのスキルも必要になります。

トリマー・グルーマーの服装

トリマー・グルーマーの服装に、特に決まりはありません。ただし、職場によってはトリミング専用のウェアや、医療用のジャケットが用意されていることもあります。

また、トリマー・グルーマーは基本的に接客業であるため、お客さんに好印象を与えられるように、清潔感を意識した服装を選ぶことが大切です。

おわりに

トリマー・グルーマーの働き方は、人それぞれです。また、目指す道も人によって異なるため、早い段階から将来の計画をしっかりと立てておくことが大切になります。将来の夢を具体的にイメージし、どのような勉強・経験が必要になるのかを見極め、これからの計画を立てていきましょう。