読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

建築士の専門学校・大学・短大

建築士は高校を卒業していれば、実務経験を積むことによって目指すことができる職業です。しかし、建築士を目指している方の中には、専門学校・大学・短大へ進学する方も多く見られます。これは、個人の学歴によって、国家資格の受験資格や就職面に違いが現れるためです。

そこで今回は、建築士になるための専門学校・大学・短大についてご紹介します。

建築士の専門学校・大学・短大

建築士を目指すための専門学校・大学・短大は、日本全国に数多く存在しています。実習の内容や学費、カリキュラムなどは学校によって異なるため、事前に情報収集をした上で、進学先を選ぶことが大切になります。

また、もしできるだけ早く建築士の資格を取りたいなら、短大の建築学科が望ましいとされています。短大の建築学科をスムーズに卒業すれば、入学から2年後に国家試験の「2級建築士木造建築士」の受験資格を得られます。専門学校でも卒業後に受験資格を得られる学校は見られますが、学校によっては卒業後に実務経験が必要になることもあるため、入学前に調べておく必要があります。

大学の建築学科を選んだ場合は、4年間勉強して卒業した後に、2級建築士木造建築士の受験資格が得られます。ただし、大学や短大の建築学科ではなく、土木学科を進学先に選んだ場合には、卒業後1年以上の実務経験が必要となります。

建築士の学費

国立の大学や短大であれば、1年間の学費は82万円ほどです。学校によって違いは見られますが、私立に関しては安いところで年間120万円ほど、高いところでは年間200万円前後となります。

専門学校については、年間100万円から120万円ほどの学校が多いです。最終的に必要になる学費は、学校に通う年数によっても異なるため、卒業までにかかる学費を比較しながら考えましょう。

建築士の勉強

建築関係の専門学校・大学・短大では、基本的な知識や技術から勉強します。建築学の基礎はもちろん、建築構造や耐震工学のほか、都市設計なども学びます。現代の日本では、環境に配慮した建築物も求められているため、環境設備計画を教える学校もあります。

また、CADやグラフィックデザインなど、平面的な図面を用意するための実習や、模型を作る技術なども学びます。ほかにも、その土地や地域の特徴を生かした建築企画の建て方などを学ぶ学校も見られます。

学校を卒業する年には、国家試験に合格するためのカリキュラムを組んでいる学校が多くなっています。

おわりに

建築士は人が住む建物を設計する職業であり、特に安全性に配慮する必要があります。専門的な知識や技術が求められるため、多くのことを学ばなければなりません。

自分に合った専門学校・大学・短大を選び、建築士になるために必要な力をしっかりと身につけましょう。

広告を非表示にする