読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

漫画家の専門学校・大学・短大

漫画家

漫画家を目指す方の中には、専門学校・大学・短大へ進学している方も少なくありません。これらの学校では、漫画作りの基礎から学ぶことができ、着実にスキルを身につけられるためです。

そこで今回は、漫画家を目指す学校についてご紹介します。

漫画家の専門学校・大学・短大

漫画家になるために、必ずしも特定の学校に通う必要があるわけではありません。ただし、漫画家に必要なスキルを効率的に勉強できるという点で、学校に通う方法はひとつの近道と言えるでしょう。

漫画を目指す学校は、基本的に専門学校となります。漫画に関する専門学校は日本全国に存在しており、中には長い歴史や実績を誇る専門学校も見られます。

現役のプロ講師から学ぶことができるほか、出版社の編集者と会うことができる機会もあるため、専門学校では在学中に漫画家デビューの道を切り開くこともできます。また、周りには同じ夢を目指す人がほとんどであり、モチベーションを維持することにもつながります。

漫画家の学費

漫画家の専門学校の平均的な学費は、入学金が10万円から20万円、授業料が60万円前後、そのほか学生諸費や施設維持費などが20万円ほどかかります。そのため、初年度は100万円から130万円ほどの学費が必要になります。

通学年数は2年から3年であるため、卒業までに必要な学費は200万円から250万円前後となるでしょう。また、画材やデジタルソフトなどは自分でそろえることになるため、その分の費用もかかることを前提にしておきましょう。特にデジタルで描きたい場合は、ソフトを利用するためのパソコンやタッチペンといった機器も必要となります。

漫画家の勉強

漫画家には、絵のデッサン力だけではなく、魅力的なストーリー展開やコマ割り、トーンの貼り方といった漫画特有の技法が求められます。デジタルで漫画を描きたい場合は、使用したいソフトの使い方もマスターしなければなりません。

また、何と言っても漫画家としての上達は、原稿を仕上げた数に比例します。そのため、たくさんの原稿をペン入れまで仕上げ、応募や持ち込みを繰り返している方は多く見られます。編集者から評価をしてもらい、反省点を見つけたら再び原稿を描き上げるという作業の繰り返しが、スキルアップにつながっていきます。

おわりに

一口に漫画を描くと言っても、漫画を完成させるまでには、さまざまな知識や技術が必要になります。基本的な知識やスキルから学びたい方は、自分に合った専門学校を探してみましょう。

広告を非表示にする