読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

キャビンアテンダントに向いている人、適性

お客様が快適な空の旅を楽しむために、欠かせない存在がキャビンアテンダントです。のんびりとした空の旅ができるのは、キャビンアテンダントの細やかなサービスがあってこそです。そんなキャビンアテンダントになりたいという人は多いですが、どのような人がキャビンアテンダントに向いているのでしょうか。

ここでは、キャビンアテンダントの適性についてご紹介します。

キャビンアテンダントに向いている人

キャビンアテンダントに向いている人は、基礎体力のある人です。キャビンアテンダントは華やかなイメージを持たれがちですが、飛行機から降りたらすぐに次のフライトに向かわなければならないこともあります。また、国際線のキャビンアテンダントともなれば、さまざまな国に赴くため時差の感覚が狂ってしまいます。

華やかさとは裏腹にハードな移動をこなさなければならないため、体力がある人でなければ務まりません。体力があり、体調管理をしっかり行える人が向いていると言えるでしょう。

キャビンアテンダントの適性

キャビンアテンダントの適性では、「人柄」が何よりも重要視されます。多くのお客様、それも日本人だけではなく海外の人と接することも多いため、誰にでも安心感を与えられ、好感をもたれる人でなければなりません。

また、キャビンアテンダントは同じ飛行機に乗っているクルーたちとチームを組んで行動します。こうしたチームの中で、協力して働ける協調性も大切です。

キャビンアテンダントの楽しさ

キャビンアテンダントの楽しさは、さまざまなお客様と接することができる点です。お客様の年齢や国籍によって、しなければならない対応や求められているものは違います。それらを理解してお客様の求めるものをきちんと提供できたとき、キャビンアテンダントの楽しさを感じるでしょう。

そうしたサービスを提供できたとき、お客様に「ありがとう」と言ってもらえることも、やりがいにつながっていきます。

キャビンアテンダントの求人、就職

大手の航空会社では、毎年キャビンアテンダントの新卒採用を行っているほか、経験者の採用もあります。基本的に最初は契約社員として勤務し、3年経過後に正社員として採用されるパターンが多いです。

キャビンアテンダントを目指す方へ

キャビンアテンダントは、お客様が笑顔になれるためのお手伝いができる仕事です。華やかに見えてもそれは努力で保たれているということを忘れずに、自分を磨き続けて夢を叶えましょう。

おわりに

キャビンアテンダントはしっかりと自分を管理し、きちんと努力できる人に向いています。お客様の笑顔と安全を守り、癒やしを与える存在でいられるよう、普段から自分を磨いておきましょう。