読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

医療秘書に必要な資格、医療秘書技能検定試験

医療の現場では多くのスタッフの活躍により、人々の命や健康が守られています。直接患者さんに処置を施す職業だけでなく、現場が円滑に機能するためにサポートする職業も重要であると言えるでしょう。

今回はその中でも、医療秘書という職業について必要な資格などをご紹介します。

医療秘書の資格

医療秘書は医療スタッフのサポートを専門に行う職業であり、スケジュール管理や電話応対など秘書としての仕事に加えて、レセプト(保険料等請求書類)の作成やカルテの整理など医療事務もこなします。

この医療秘書になるために必要な資格ですが、実は特別に取らなければならない資格はありません。とはいえ、医療という専門性の高い分野に従事し、専門用語や法律などに触れる機会も多いことから、しっかりと専門的な勉強を積む必要のある職業でもあります。

医療秘書技能検定とは

そんな医療事務の質の向上を目的として、「医療秘書技能検定試験」という資格試験が設けられています。必ず取らなければならない資格ではありませんが、就職の際などに有利に働く資格です。

医療秘書技能検定は、医療秘書の専門知識と技能を認定するものとして、年に2回実施されます。3級・2級・準1級・1級の4レベルが用意されており、近年は医療実務者の受験者数も増加傾向にあります。

医療秘書技能検定の試験

医療秘書技能検定の試験内容は、大きく3つの領域に分かれて出題されます。第1領域は「医療秘書実務」「医療機関の組織・運営」「医療関連法規」、第2領域は「医学的基礎知識」「医療関連知識」、第3領域は「医療事務(レセプト作成、診療報酬点数表の理解)」です。

2級を例にとって審査基準を見てみると、第1領域の「医療秘書実務」はコミュニケーション能力や業務遂行能力、整理能力を判断するものであり、一般的な社会人としてのマナーが中心と言えます。一方で、第2領域の「医学的基礎知識」や第3領域の「医療事務」では、解剖学や生理学の基礎のほか、社会保険に関する法規や診療報酬点数表といった専門的な知識が求められます。

医療秘書技能検定の合格率

医療秘書技能検定試験の合格率は、級ごとに違います。3級が70%前後、2級が45%前後、準1級が20%前後、1級が10%前後で推移しています。

2級以上になると難易度が上がるため、専門学校などで勉強を積んでから受験するケースが多くなっています。また、準1級・1級は合格率が低い上に受験者数も少ないため、難関の試験と言えるでしょう。

おわりに

今回は医療秘書に役立つ資格として、医療秘書技能検定試験をご紹介しました。

4段階のレベルが設けられた試験で、上級になると特に難易度が高い試験となりますが、技能を磨く意味でもチャレンジすることは有意義です。受験を考えている方は、これからの勉強方法について考えてみましょう。