なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

医療秘書の専門学校・大学・短大

医療秘書とは、医者や看護師などの医療スタッフを専門にサポートする職業です。書類の整理やスケジュール管理をはじめとした秘書としての業務のほかに、レセプト(医療保険請求書類)の作成など医療事務もこなします。

今回はその医療事務になるための専門学校・大学・短大についてご紹介します。

医療秘書の専門学校・大学・短大

医療秘書になる人は、専門学校で学ぶことが一般的です。医療秘書は秘書としての技能のほかに、医療事務という専門性の高い業務があるため、多くの専門知識を必要とします。専門学校に通えば、さまざまな専門知識を効率的に学ぶことができるでしょう。

また、これらの技能の向上させる目的で、医療秘書技能検定試験というものも実施されています。これは医療秘書になるために必ず取らなければならない資格ではありませんが、就職の際には有利に働くものと言えるでしょう。

専門学校の中には、この医療秘書技能検定試験を想定したカリキュラムが組まれている学校も珍しくありません。また、専門学校は「医療福祉専門学校」などの名前がついている学校が多く、医療秘書科や医療秘書コースとして学科が設けられている場合が多くなっています。

医療秘書の学費

医療秘書コースのある専門学校は、2年間のカリキュラムが組まれているところがほとんどです。初年度の学費が100万円前後の学校が多いため、2年間通った場合は150万円〜200万円程度の学費になると考えられます。

医療秘書の勉強

医療秘書はレセプトなどの実務だけでなく、医療関連の法規についても学ぶ必要があります。ほかにもカルテの用語や病名など、さまざまな分野の専門知識を学ぶことになるため、しっかりと学習計画を立てておくことが大切になります。

さらに、患者さんへの対応も仕事内容に含まれることがあるため、一般常識やビジネスマナーについても学ぶ必要があるでしょう。医療秘書の専門学校では、これらの知識・技術を効率的に学べるようなカリキュラムが基本的に組まれています。

ただし、カリキュラムの具体的な内容は学校によって異なるため、進学先選びではカリキュラムの違いに目を向けることも大切になってくるでしょう。

おわりに

ここまで、医療事務になるための専門学校・大学・短大について、学費や勉強内容を中心にご紹介しました。

医療秘書は医療に関する知識だけでなく、患者さんへの対応の仕方や書類の作成方法なども身につけておく必要があります。独学で全てをきちんと学ぶことは難しいため、医療秘書を目指している方は専門学校へ進学することから考えてみましょう。