読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

医療秘書になるには?

日々進歩を続けている医療の現場で活躍する職業といえば、医者や看護師を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、多くの業務を抱える医療現場は、そのほかにも多くのスタッフによって支えられています。その中のひとつとして、医療秘書を挙げることができるでしょう。

今回は、この医療秘書になるにはどのような進路があるのかについてご紹介します。

医療秘書になるには

医療秘書という名前はありますが、この仕事に就くために特別に必要となる資格はありません。しかし、医療という特殊な現場で働くことから、多くの専門知識を必要とするため、専門学校などで専門の勉強をしてから目指すルートが一般的です。

また、医療秘書の技能向上を目的として、医療秘書技能検定試験という試験も実施されており、3級から1級までのレベルが設けられています。この検定試験の2級以上を目指すのであれば、医療秘書専門学校で2年以上学ぶことをおすすめします。

医療秘書の一日

医療秘書の仕事は、秘書という名前がついている通り、一般的な秘書と変わらない部分も多くあります。例えば、医療秘書がつくのは医者や看護師長など管理職の立場にある人が多いですが、その人たちのスケジュール管理や来客対応、電話対応などは重要な職務のひとつです。

それに加えて、レセプトと呼ばれる医療保険の請求書類を作成したり、カルテの整理を行ったりする医療事務の仕事があります。また、受付応対を兼ねている就職先も多いため、患者さんとのコミュニケーション能力も必要になってきます。

一日の流れについては、職場によって大きく変わってきます。ただし、基本的には医者や看護師長などにつくことになるため、周りのスタッフと同じ時間に出勤・帰宅するケースが多くなっています。

医療秘書の服装

服装は就職先の規定によっても異なりますが、基本的には医療現場に相応しい服装を求められます。医療秘書検定試験の出題範囲の中にも、「医療機関のスタッフとして好ましい身だしなみ」や「医療機関における接遇マナー」という項目があります。調子が悪く、健康でない方が来るところが医療機関であるため、一般的なビジネスマナーよりも細やかな気遣いが求められるでしょう。

医療現場で求められる身だしなみの基本は、「相手に好印象を与えること」です。ポイントとしては、「清潔・安全・機能的」が挙げられます。例えば、長い髪はまとめてアップにし、お辞儀をしたときなどに顔にかかってこないようにすることや、動きづらい高いヒールの靴を控えることなどを意識すると良いでしょう。

おわりに

今回は医療秘書について、どのような進路があるのかなどについてご紹介しました。

ときに厳しいこともある医療の現場ですが、医療秘書は陰ながらスタッフを支え、人の命を救うサポートをする重要な仕事です。進路のひとつとして、ぜひ参考にしてみましょう。

広告を非表示にする