読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

保育士になるには?

保育士

保育士を目指すルートは、ひとつだけではありません。また、子どもが好きだからと言ってすぐに保育士として働けるわけでもないため、行動を始める前に具体的な計画を立てておくことが大切になります。具体的な計画を立てるには、保育士の実情をつかんでおくことも必要になってくるでしょう。

そこで今回は、保育士になる方法や将来性などをご紹介します。

保育士になるには

保育士になるには、保育士の国家資格を取得する必要があります。この国家資格は、指定された専門学校・短大・大学の課程を修了するか、もしくは保育士試験に合格することによって取得することができます。

社会人として働きながら国家資格を取得することも可能ですが、保育士の国家試験は比較的難易度が高いとされています。そのため、保育士を目指す方の多くは、高校卒業後に専門学校・短大・大学へ進学するルートを選んでいます。

保育士の一日

保育士の一日の流れは職場によって異なるため、ここでは一般的な保育園の一日をご紹介します。

保育園の保育士は、子どもが登園する前に出勤しなければなりません。そのため、出勤時間は朝の7時前後となります。

出勤をしたら、まずは施設内の掃除を行います。子どもが安全に生活できる環境を整えるため、ストーブなどの設備もチェックします。また、就職先によってはこのタイミングで、職員会議が開かれることもあります。

掃除が終わったら、次は登園してくる子どもを迎えます。子どもが登園した後には簡易的な朝礼などを行い、いよいよ保育が始まります。保育では昼食やおやつ、お昼寝などの生活面をサポートしながら、子どもと遊んだり話したりして16時頃まで一緒の時間を過ごします。

保護者が子どもを迎えにきたら保育は終了となりますが、そこで保育士の仕事が終わるわけではありません。園内の片づけや戸締まりを行い、翌日のイベントなどを確認します。翌日に向けての準備が整ったら、保育士としての1日は終了となります。

保育士の将来性

日本は少子高齢化が進んでいる国であり、全人口における子どもの割合は減ってきています。しかし、保育士の需要が減っているわけではありません。

なぜなら、日本では共働きの夫婦が増え、厚生労働省子育て支援に積極的に取り組んでいるためです。日本全国でさまざまな保育施設が増えてきており、それに伴って保育士の需要も高まってきています。

保育士の服装

保育士の服装は、特に細かく決められているわけではありません。ただし、就職先によっては、勤務中のユニフォームが指定されていることもあります。

特に服装が指定されていないケースでは、ジャージを着用する保育士が多くなっています。子どもと一緒に遊ぶことが考えられるため、動きやすい髪型や服装を意識すれば問題ないでしょう。

しかし、服装や髪型によって、子どもや保護者に与えるイメージは変わってきます。特に、爪を伸ばすようなオシャレをすると、子どもに怪我をさせてしまう恐れがあるため、身だしなみには日頃から注意する必要があります。

おわりに

ここまで、保育士になる方法や将来性などについて紹介してきました。

一日の流れや将来性に関しては、就職先によって異なる可能性があります。そのため、理想とする就職先の情報を入念に調べ、より具体的な実態を理解しておくことが望ましいでしょう。その上で、これから起こすべき行動を計画してみましょう。

広告を非表示にする