読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

医療秘書の仕事とは?

高齢化社会が進行するなど、これからますます医療分野の重要性が高まってくる時代となりました。医療分野で活躍する職業は、医者や看護師をはじめ多く存在していますが、「医療秘書」もその中のひとつです。

今回は、医療秘書の仕事内容や年収などの特徴をご紹介します。

医療秘書とは

医療秘書とはその名前の通り、医者や看護師など医療現場に従事する人の秘書として働く職種です。例えば、医者の仕事は患者さんと向き合い、ケガや病気を治療することですが、その業務の裏には書類の作成や来客対応、スケジュール管理などの雑務が控えています。

大病院など、対応する患者さんの規模が大きいところでは、そのような雑務が1人の医者でこなせる量を超え、肝心な患者さんのケアが十分にできないという事態にもなりかねません。そんなときに、秘書としてその雑務を整理し、医療現場で働く人を裏からサポートする医療秘書が活躍します。

医療秘書は秘書としての能力に加え、医療の専門知識も必要になってきます。このため、医療秘書になるには専門学校や講座などを受講し、専門的な知識を身につける道が一般的と言えるでしょう。また、日本には団体の主催する医療秘書技能検定があり、3級から1級までの階級が設けられています。

医療秘書の仕事内容

医療秘書の具体的な仕事内容としては、カルテの整理・レセプト作成・窓口受付・会計事務など多岐にわたります。レセプトとは診療報酬請求明細書とも言い、医療機関が市町村や保険組合などに医療報酬を請求する書類のことです。医療保険や法律、用語など専門的な知識を必要とする重要な仕事のひとつです。

そのほか、窓口受付や会計事務などでは、秘書としてのスキルを必要とします。簿記やパソコンのスキルを求められることもあるでしょう。

医療秘書の年収

医療秘書は正職員からパートまで雇用形態がさまざまであるため、働き方によって給与も変わってきます。正職員の平均的な初任給は月収18〜20万円程度と言われており、年収に換算すると200〜300万円程度になります。

就職先としては、やはり大病院ほど人手が必要になるため、求人数も多い傾向にあります。医療の現場では日々進歩があり、それに対応した知識と応用力を身につけることで、頼りにされる仕事ができるようになるでしょう。

おわりに

今回は医療秘書について、その概要と仕事内容を中心にご紹介しました。

医療秘書は、医療現場の第一線で働く人を陰で支える縁の下の力持ちです。気配りで人の役に立ちたい人は是非チェックしてみましょう。

広告を非表示にする