読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

製菓衛生師に向いている人、適性

お店にずらりと並ぶ色取り取りのお菓子を眺めていると、誰もが幸せな気持ちになれます。製菓衛生師は、お菓子を通じてお客さまに癒やしを与えたり、大切な記念日を飾ったりできる人気の仕事です。スイーツはいつの時代も人々から愛され続けており、いまや製菓衛生師の活躍の場は洋菓子店に留まらず、さまざまなところまで広がっています。

ここでは、そんな製菓衛生師に向いている人の資質や、適正についてお伝えします。

製菓衛生師に向いている人

製菓衛生師を目指す人に最も必要な資質は、「お菓子作りが好きなこと」です。お菓子のお店はとても華やかで、女性も多く活躍しています。しかし実際は立ち仕事が多く、かなり体力が求められる仕事です。新人の間はひたすら土台を焼き続けるなど、地味な仕事が続きます。

それでも「お客さまにおいしく安心なお菓子を提供したい」「いつか自分のお店が開きたい」という情熱がある人は、下積み期間に得た知識や経験を活かして成長していけるでしょう。

製菓衛生師の適性

製菓衛生師は、お客さまに安全な食品を提供する使命があります。そのためには、毎日のルーティン作業も一切手を抜くことはできません。いつも最大限安全に気を配り、分量を正確に測る几帳面さが必要です。

また、製菓衛生師は資格を取って終わりではなく、これからの時代に増え続ける食品添加物などについて、知識を増やし続けようとする向上心が求められます。

製菓衛生師の楽しさ

製菓衛生師の醍醐味は、何と言ってもお客さまに直接商品を渡して、喜んでいる姿が見られることです。お客さまが商品に満足すれば、リピーターになってもらえるかもしれません。

1つの商品ができ上がるには大変な苦労があります。アイディアを絞り出し、材料を吟味して、理想の形になるまで試行錯誤を繰り返します。しかし、お客さまの笑顔はそんな苦労を忘れてしまうほど、うれしいものでしょう。

製菓衛生師が使う道具

製菓衛生師が使う道具は、洋菓子や和菓子、パン作りに必要なあらゆる調理機器です。代表的なものは、はかり・ミキサー・へら・ボウル・クリームの絞り袋・ハケ・鍋などです。機材として、オーブンやコンロ、冷蔵庫なども必要になります。

製菓衛生師の求人・就職

製菓衛生師の主な就職先は、洋菓子店・パン屋・ホテル・レストラン・カフェ・お菓子メーカーなどです。そのほかにも、お菓子教室をする人や学校で講師をする人、雑誌でお菓子作りについて連載する人もいます。

製菓衛生師を目指す方へ

製菓衛生師の資格を取得していれば、就職の際に、豊富な衛生の知識をアピールできます。また製菓衛生師は、独立に必要な「食品衛生責任者」の資格を申請のみで取ることができます。

いずれは店長クラスになりたい、自分のお店を持ちたいなど、キャリアアップを考えている人にぴったりの資格です。

おわりに

近年、特定の食品を食べるとアレルギー症状が出てしまう子どもが増えています。製菓衛生師は「食の安全のプロ」として、そんな子どもたちに乳製品や卵などのアレルギーに対応したバースデーケーキを提供することができます。

製菓業界では、このような細やかなサービスへのニーズは高く、今後ますます製菓衛生師の需要が高まっていくでしょう。