読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームクリエイターに向いている人、適性

ゲーム業界はソーシャル連携や異業種とのコラボなど、さらなる発展が期待されている業界です。そんなゲームの世界で仕事がしたいと考えている人にとって、「自分はゲームクリエイターに向いているの?」という点は気になるところでしょう。

ここでは、ゲームクリエイターに向いている人や適性についてお伝えします。

ゲームクリエイターに向いている人

ゲームクリエイターを目指す人は、基本的にゲームが好きでしょう。しかし、頭の中のアイディアを、エンターテインメントとして形にするには大変な苦労があります。試行錯誤の連続で、深夜まで作業をする日が続くかもしれません。

それでも「面白いゲームを作りたい」「ヒット作を生んでブームを巻き起こしたい」という熱い気持ちを持ち続けられる人は、ゲームクリエイターに向いています。

ゲームクリエイターの適性

ゲームクリエイターの適性は発想力がある人です。ゲームはプロジェクトごとに完成形が異なり、いつも新しいものを生み出す必要があります。そのためには、仕事以外の時間もさまざまな芸術や本などに触れて、発想力を養うことが大切になるでしょう。

また、粘り強い忍耐力も必要です。ゲーム制作はひとつの作品の完成までに何年もかかる場合があります。うまくいかないときもくじけずに、ユーザーが満足するコンテンツを突き詰めていく姿勢が求められます。

ゲームクリエイターの楽しさ

チームワークによって作品をより良いものに磨いていく楽しさが、ゲームクリエイターの醍醐味です。ゲームクリエイターは、数多くのスタッフと協力し、意見をぶつけ合いながらひとつの作品を完成させます。

そして、そのゲームを楽しんでくれている人の声を聞いたとき、大きな達成感を味わうことができます。

ゲームクリエイターが使う道具

ゲームクリエイターは、職種によって使う道具が異なります。グラフィックデザイナーはイラストレーションソフト・スキャナ・ペンタブなど、シナリオライターテキストエディタ・辞書などを使います。

また、プログラマーはプログラミング用エディタ、サウンドクリエイターはキーボード・楽譜・サウンドツールなどを使うことになるでしょう。

ゲームクリエイターの求人・就職

ゲームクリエイターの就職先は、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社が一般的です。求人は、職種を問わずにトータルで募集する会社もあれば、デザイナーやプログラマーなどに分かれている会社もあります。

なりたいゲームクリエイターの形が明確に決まっている人は、専門のコースがある学校に進学して、知識を身につけておくと就職が有利になるでしょう。

ゲームクリエイターを目指す方へ

今はインターネットでユーザーの反応がすぐに見られるため、より遊んでくれた人の声をダイレクトに感じることができるようになりました。ゲームクリエイターはユーザーの声を力に、次々と生まれる最先端の技術を用いて、「楽しさ」を追求し生み出すことができます。

ヒット作であれば、世界中、何万もの人々に笑顔を届けることができる夢のある仕事です。

おわりに

ゲームクリエイターの中には、多くの人が知るトップクリエイターの方々がいます。華やかで憧れの職業ですが、その誰もが地道な下積みを重ねています。

体力的にハードな面もある仕事ですが、実力が認められて大きな仕事を任せてもらえたときには、自分の成長を強く感じることができるでしょう。