読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームクリエイターの専門学校・大学・短大

ゲームクリエイター

ゲーム制作には、それぞれの職種に専門性の高い知識が求められます。ゲームクリエイターになるために資格や学歴は必須ではありませんが、学校で基礎的なスキルを身につけている方が、就職には有利になります。自分がどんなゲームクリエイターになりたいかイメージしながら、学校選びをしていきましょう。

ここでは、ゲームクリエイターになるための専門学校・大学・短大についてお伝えします。

ゲームクリエイターの専門学校・大学・短大

ゲームクリエイターには、デザイン、プログラミング、作曲などいくつものジャンルがあります。「デザイナーコース」や「プログラマーコース」のように、ジャンルごとにコースが分けられている専門学校では、制作現場で役に立つ内容を集中して学習することができます。まだどのような仕事がしたいか明確でない人は、「ゲームクリエイター科」のようにゲーム制作について広く学べるコースを考えてみましょう。

一方、大学・短大ではゲームに限らず、自分が興味のある分野を幅広く学んで、クリエイターには欠かせないセンスを磨くことができます。語学や社会学など、直接ゲーム作りには結びつかない分野でも、関心を持って学んだ内容はゲームクリエイター人生のどこかで活きてくるでしょう。

ゲームクリエイターの学費

ゲームクリエイターの専門学校の学費は、昼間5日間通う場合で年間100万円〜150万円が相場です。大学・短大の場合は、年間150万円前後の学費となります。

夜間のコースや奨学金、特待生の制度が整っている学校もあるため、パンフレットなどでチェックしてみましょう。また、ゲーム会社は東京や大阪などの大都市圏に多いため、目指す会社の近くで学ぶという選び方も良いでしょう。

ゲームクリエイターの勉強

ゲームクリエイターは職種によって学ぶ内容もさまざまなため、ここでは例としてゲームプログラマーの勉強を紹介します。学校に入学すると、まずはプログラミングやゲーム開発に必要な数学、CGなどの基礎技術を学びます。

基礎が身についたら、3Dゲームの開発や物理シミュレーションなどの高度な表現技術や、設計方法を身につけます。学校によって開発実習の環境やメニューはさまざまなため、受験前にしっかりと内容を確認しておきましょう。

おわりに

ゲームクリエイターは学歴よりも、その人のセンスが重要視されます。ただし、ひとつの職業のプロになる以上は、基本的な知識や技術が必要となります。

身につけられる知識や技術は学校によって異なるため、パンフレットなどでしっかりと情報収集しながら、慎重に進学先を選んでいきましょう。