なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ゲームクリエイターの仕事とは?

ゲームクリエイターは、コンピュータゲームの作品づくりに関わる職業です。現代のゲーム技術は高度な進化を遂げて、さまざまな要素が複雑に組み合わさってできています。これは決して1人で作れるものではなく、CGや音楽、シナリオなど、各分野のプロフェッショナルたちが、力を合わせて作りあげていきます。

ここでは、そんなゲームクリエイターの仕事内容や年収について詳しくお伝えします。

ゲームクリエイターとは

ゲームソフトを制作する会社には、グラフィックデザイナー・シナリオライタープログラマー・サウンドクリエイターなど、専門性を持ったスタッフが多くいます。このような開発者をトータルで管理して、ゲーム制作のリーダー役になる人がプロデューサーやディレクターです。ゲームクリエイターは、このようなゲーム制作に関わる仕事の総称です。

大きなプロジェクトの場合、1つの作品を100人以上のスタッフで制作することもあります。「ユーザーが遊んで面白い」というエンターテインメント性を持たせるためには、最先端の技術を使いながら、チームが一致団結してプロジェクトを進める必要があります。

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲーム制作は、まず企画から始まります。プロデューサーやディレクターなどの「企画職」が、アイディアを出し合って制作するゲームの内容を話し合います。

アイディアがまとまれば、企画書を作成して開発工程に進みます。実際にゲームを制作する「開発職」のスタッフと、企画内容をどのようにゲーム内で表現するか話し合い、具体的に形にしていきます。

例えば、グラフィックデザイナーはキャラクターやフィールドデザインを考えます。サウンドクリエイターは、ゲームの世界観に合った効果音や音楽を制作します。

これらの絵や音楽をプログラマーがコンピュータの専門言語を使ってゲームとして仕上げていきます。「企画職」のスタッフはスタッフ同士の連携を高めながら、スケジュールの管理をしたり、修正指示を出したりします。

ゲームクリエイターの年収

ゲームクリエイターの年収は、300万円〜600万円前後です。会社の規模や役職、スキルなどによって年収は異なります。

クリエイティブな仕事は残業が多くなりやすく、残業時間によっても年収は変動するでしょう。ヒット作を生み出す一流ゲームクリエイターになることができれば、年収を大幅にアップさせることも夢ではありません。

おわりに

ここでは、ゲームクリエイターの仕事内容や年収について詳しくお伝えしてきました。

国内のゲーム市場は、ソーシャルやオンラインなどの普及によってますます拡大しています。また、「面白いこと」は言葉の壁を越えて世界共通の感覚です。

グローバルなビジネスチャンスが広がるゲームクリエイターは、ゲーム好きな人やエンターテインメント業界に興味がある人にとって、非常にやりがいのある仕事でしょう。