読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

アニメーターの専門学校・大学・短大

アニメーターを目指す場合は、養成コースのある専門学校・大学・短大に進学して、技術を身につけてから就職するルートが一般的です。アニメーション制作の現場は忙しく、なかなか後輩へ丁寧な指導を行う余裕がありません。学校で作画の基礎知識をつけてから入社することで、下積み期間を短縮することができます。

ここでは、アニメーターの専門学校・大学・短大についてお伝えします。

アニメーターの専門学校・大学・短大

アニメーションについて学べる学校は、以前は専門学校が一般的でしたが、近年では大学・短大でもアニメーション専攻を設立する学校が増えています。専門学校のアニメーターコースでは、アニメーションに特化した授業で、就職してから即戦力となるための実践技術を学ぶことができます。一方、大学・短大では、デザインの理論や映像表現などの応用知識について幅広く学ぶことができます。

学校によっては、現役のアニメーターや監督、CGクリエーターからの直接指導や、手厚い就職サポートを受けられるところもあります。気になる学校があれば、オープンキャンパスに足を運んで、学校の雰囲気や授業内容をチェックしましょう。

アニメーターの学費

アニメーターの専門学校の学費は、1年あたり100万円〜150万円前後です。学校や選ぶコースによって2年制や3年制などがあり、通う年数が変わってきます。

大学や短大の学費に関しては、1年あたり150万円〜200万円前後が相場です。国公立大学であれば、私立よりも学費は安くなります。

アニメーターの勉強

アニメーターの勉強は、人や背景をさまざまな角度から描きおこすデッサンや、美しい線を描く練習、どのように画面を構成するかなどの絵づくりの基本から始まります。基礎が身についた後、実際に業界で使われているソフトを使ったデジタル彩色やカメラワーク、撮影編集などを実践的に学びます。

入学時には上手く絵を描くことができなくても、授業で指導者にノウハウを聞いたり、放課後に何枚も練習したりしていく中で、着実に上達していきます。「アニメーションが好き」「上手く描けるようになりたい」といったワクワクした気持ちを持ち続けることが、とても大切になるでしょう。

おわりに

ここでは、アニメーターの学校についてお伝えしてきました。

完成したアニメーションは形になって、いつまでも映像として残ります。自分の手がけた作品が、数年後の後輩たちの目標になるかもしれません。第一線のアニメーターを目指して、画力を上げるべく精一杯努力していきましょう。